「ミーカ」の版間の差分

編集の要約なし
| Notable_instruments =
}}
'''ミーカ'''('''Mika'''(Mika、[[1983年]][[8月18日]] - )は、[[レバノン]]出身、現在[[ロンドン]]在住の[[シンガー・ソングライター]][[音楽プロデューサー]]、および[[グラフィック・デザイナー]]である[[英語人の短縮形|正式名]] '''マイケル・ホルブルック・ペンニマン・ジュニア''' (Michael Holbrook Penniman, Jr''.)<ref>{{cite news
|last = Pareles
|first = Jon |url= http://www.nytimes.com/2007/03/31/arts/music/31mika.html
|work = [[Radio One]]
|date = [[2009-09-28]]
|accessdate = 2009-09-29}}</ref> 。[[2007年]]に[[デビュー]]また'''ミカ・ペンニマン''' (Mica Penniman のち Mika Penniman) としても知られる
 
2007年にデビュー。裏声を多用する高音のボーカルを武器に、ウィットに富んだ純度の高いポップチューンが特徴。その音楽性は、しばしば[[フレディ・マーキュリー]]、[[シザー・シスターズ]]、[[エルトン・ジョン]]らと比較される。そのスタイルから[[ゲイ]]ではないかという憶測が生じ、本人はそれについてのを避けてきたが、2009年9月に発売されたオランダのゲイ雑誌ゲイ&ナイトで「僕のことを定義づける言葉が必要なら、[[バイセクシュアル]]を使えばいい」と述べた<ref>http://www.gay.eu/article/16135/</ref><ref>http://www.pinknews.co.uk/news/articles/2005-14195.html</ref>。
 
正式名「マイケル」(Michael) の[[英語人名の短縮形|短縮形]]が「ミカ」(Mica {{smaller|または}} Mika) で、このいずれもが[[本名]]である。当初は Mica の方を使っていたが、それが「マイカ」と誤読されることがあまりにも多いことに閉口して、これを Mika と改めた<ref>(August 21, 2007). "Mika: 10 things you never knew about your favourite star", ''[[The Gold Coast Bulletin]]'', p. 28。王立音楽大学のときに組んでいた日本人留学生の名の一部 Mika から着想したものだという。</ref>。デビュー当初日本でも「ミカ」と表記されるのが一般的だったが、日本語では同音の「美香」や「三佳」が女性の名を連想させるものであることから、やがてこれを「ミーカ」と改変して表記する媒体も現われ、しばらくはこの二つが混在していた。しかしアルバムが正式に日本でリリースされるのを機会に、以後の国内盤CDや音楽関係の印刷媒体においてはその名の表記を「ミーカ」に統一することが申し渡された。本項の記事名もこれに準拠してしている。
なお「Mika」のカタカナ表記について、当初は「ミカ」とも表記されていたが、アルバムが正式に[[日本]]でリリースされると国内盤およびその他において「ミーカ」と統一されて表記されているので本稿もそれに従う。
 
== 来歴 ==
[[レバノン]]の[[ベイルート]]にてアメリカ人の父とレバノン人の母のもと、5人兄弟の3番目として生まれる。姉2人がふたり、妹弟がひとりづついる。
 
1歳の時に[[レバノン内火の#多国籍軍撤退|内乱が再燃し収拾不能]]な状態となったため、家族はレバノンから国外退去を余儀なくされて[[パリ]]への移住を余儀なくされた。さらに、9歳の頃、こんどは父親が[[クウェート]]の[[アメリカ大使館]]に人質として監禁されると、一家はイギリスの庇護を受けるために[[ロンドン]]に移住する。そのよした波乱に満ちた少年時代に、[[オペラ|オペラ声楽]]の訓練を受けたのきっかけとして音楽に目覚める。初めての作曲は7歳の時のことで、"Angry" というピアノ曲を作曲をしているが、本人によればこれは「ひどい」曲だったという。
 
ロンドンでは[[フランス]]人学校に入学するが、酷いいじめ散々なイジメに遭い、[[難読症]]にも悩まされたため(現在も難読症である)、数ヶ月母親による家庭内教育を受けつつ、いくつかの学校を転々とした。この6~7ヶ月間の家庭学習期間に、[[ロシア]]人の[[ソプラノ]]歌手に歌の指導を受け始めた。大学は[[ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス]]に進学するが1日で退学し、名門音楽学校である[[王立音楽大学]]に入学した。それも中途退学すると、本格的なミュージシャンとして活動を始め、アルバムの制作にはいった。
 
=== 音楽活動 ===
デビュー前の活動としては、幼少時に行った[[ロイヤル・オペラハウス]]での[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]等クラシック曲のレコーディングから、航空会社ブリティッシュ・エアウェイズの機内曲、さらにチューインガムのCM曲製作まで多岐にわたっている。
 
かねてから学校の休暇中に渡米し、上記のような様々な音楽活動を行っていたが、[[2004年]]ごろから、主に[[マイアミ]]と[[ニューヨーク|NY]]を拠点として欧米各地でライブ活動を行うようになり、[[カナダ]]人のグレッグ・ウェルズをプロデューサーに迎えてアルバムの製作に着手する。
 
[[2006年]]に初シングルの『リラックス(テイク・イット・イージー)』をネット上で発表すると一躍人気を集め、翌年の初めには、その年の有望新人としてBBC等で大きく取り上げられるようになった。その直後に発売された『グレース・ケリー』はイギリスのシングルチャート1位を獲得、同年[[2月]]に発売されたデビューアルバムの『ライフ・イン・カートゥン・モーション』は、[[イギリス]]をはじめヨーロッパ諸国のヒットチャートで1位を記録する大ヒットとなった。
 
== 音楽以外の活動 ==
モデルとして[[ポール・スミス]]の2007年春夏コレクションに登場し、[[渋谷駅]]前に特大ポスターが出現、話題となった。
アルバムジャケットのデザインを、実の姉で[[アーティスト]]であるヤスミーンと共に行う。2007年7月には、ロンドンの[[ソーホー]]にある[[ギャラリー]]にて姉と共同で個展を開催した。
 
== 音楽性 ==
Mikaは、好きな音楽のジャンルが極めて広いことで知られる。よく知られているものとしては[[ベック (歌手)|ベック]]、[[ビョーク]]、[[プリンス (ミュージシャン)|プリンス]]、[[セルジュ・ゲンスブール]]、[[ファイルーズ]]、[[ハリー・ニルソン]]など。
 
5[[オクターブ]]の音域と紹介されていることが多いが、本人の言によれば、3オクターブ半程度とのことである。
== 日本との関わり ==
 
日本のアニメやキャラクターフィギュア(例:[[鉄腕アトム]])のマニアックなコレクターであることを公言しており、かなりの数のコレクションを保有、その為に自宅を改築までているまた、[[たまごっち]]のコレクターであることはつとにでも有名である
 
[[日本語]]も堪能で、インタビュー等では[[J-POP]]に大きな影響を受けたと述べている。また好きなJ-POPアーティストとして、[[椎名林檎]]、[[PUFFY|パフィー]]、[[菅野よう子]]、[[THE YELLOW MONKEY|イエローモンキー]]、[[三味線]]の[[吉田兄弟]]などの名を上げている<ref>[http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/mika/uicu1139.html/ UNIVERSAL INTERNATIONAL MIKA DISCOGRAPHY]</ref><ref>[http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/guest_past/past_20070715.htm/ J-WAVE WEBSITE Guest Room]</ref>。
 
[[2007年]][[5月]]に初来日。[[7月]]には[[フジ・ロック・フェスティバル]]に出演し、その翌日に恵比寿の[[LIQUIDROOM]]でライブを行った。この際ファンからプレゼントされたたまごっち柄の手製浴衣で登場し、話題となった。またこの折、実妹とともに「ハッピー・エンディング」を披露した。
 
[[日本語]]堪能で、インタビューでは[[J-POP]]に大きな影響を受けたと述べている。また好きなJ-POPアーティストとして、[[椎名林檎]]、[[PUFFY|パフィー]]、[[菅野よう子]]、[[THE YELLOW MONKEY|イエローモンキー]]、[[三味線]]の[[吉田兄弟]]などの名を上げている<ref>[http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/mika/uicu1139.html/ UNIVERSAL INTERNATIONAL MIKA DISCOGRAPHY]</ref><ref>[http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/guest_past/past_20070715.htm/ J-WAVE WEBSITE Guest Room]</ref>。
日本盤『ライフ・イン・カートゥン・モーション』:日本限定のボーナストラック「ユア・シンパシー」、「グレース・ケリー」のビデオ及び特製ステッカーなど、日本盤だけの特典がついていた。
 
[[2007年]][[5月]]に初来日。[[7月]]には[[フジ・ロック・フェスティバル]]に出演し、その翌日に恵比寿の[[LIQUIDROOM]]でライブを行った。この際ファンからプレゼントされたたまごっち柄の手製浴衣で登場し話題となった。またこの折、実妹とともに「ハッピー・エンディング」を披露した。
[[王立音楽大学]]では日本人の学生と組んでおり、彼女の名前の一部から芸名を本名のMicaからMikaへ改めた。
 
日本盤『ライフ・イン・カートゥン・モーション』:日本限定のボーナストラック「ユア・シンパシー」、「グレース・ケリー」のビデオ及び特製ステッカーなど、日本盤だけの特典がついていた。<!--
[[2009年]][[7月]]には、[[友達|友人]]の[[宇多田ヒカル]]とともに[[秋葉原]]を観光した。
またライブで宇多田ヒカルを呼びともにLet It Snowを歌った。非常に仲が良い模様。
 
[[2009年]][[7月]]には、[[友達|友人]]の[[宇多田ヒカル]]とともに[[秋葉原]]を観光した。
== 備考 ==
またライブで宇多田ヒカルを呼びともにLet It Snowを歌った。非常に仲が良い模様。--><!-- 時事トピック・憶測-->
本名については、デビュー当初 Wikipedia およびいくつかの新聞含むメディアで Michael Holbrook Penniman と記載されていたこともあるが、本人がメディアでのインタビューにおいて数度「Mica」であると述べている他、少年の時に出演した[[レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ]]の歌劇「天路歴程」のクレジットにおいても「Mica Penniman」と記載されている。
 
== ディスコグラフィー ==
*Live In Paris
 
== 出典・補注 ==
{{Reflist}}