「導出原理」の版間の差分

m
(180.246.127.130 (会話) による ID:36182851 の版を取り消し)
== 反駁による証明 ==
'''反駁'''(はんばく、{{lang-en-short|''refutation''}})とは、節の集合からの導出により空節 □ を導くことである。
反駁については以下の定理が成り立つ。節の集合 ''S'' が充足不能である必要十分条件は、節の集合 ''S'' からの導出により空節 □ が導けることである
<blockquote class="toccolours" style="text-align:justify; width:50%; float:center; padding: 10px; display:table; margin-left:80px;">
 
節の集合 ''S'' が充足不能である必要十分条件は、節の集合 ''S'' からの導出により空節 □ が導けることである。
</blockquote>
これは[[エルブランの定理]]を導出に応用したものになっている。