「テッサロニキ」の版間の差分

→‎歴史: 少し加筆、英語版と山川の各国史を参考に。
(→‎歴史: 少し加筆、英語版と山川の各国史を参考に。)
 
== 歴史 ==
テッサロニキは[[紀元前315年]]前後に[[マケドニア王国|マケドニア]]王[[アレクサンドロス3世|アレクサンドロス大王]]によって創建。アレクサンドロスの王統より王位を奪った[[カッサンドロス]]は王妃[[テッサロニカ]](アレクサンドロスの腹違いの姉妹)の名を取りテッサロニケーと名付けた。[[紀元前168年]]にマケドニア王国が滅びてから、[[共和制ローマ]]領の都市となる。ローマと[[ビュザンティオン|ビザンチウム]](後のローマ帝国の[[首都]][[コンスタンティノポリス]]、現在の[[イスタンブル]])を結ぶ[[エグナティア街道]]沿いの重要拠点となり、東西交易の場所として栄えた。ローマが東西に分割されたあとは、[[東ローマ帝国]]の権力下に置かれ、コンスタンティノポリスに次ぐ、帝国第二の都市として栄え、多くの教会が建設された。テッサロニキの人々581年頃には[[聖像破壊運動スラヴ人]]の時代、586年[[イコンアヴァール人]]による包囲隠し受けたが、強固な城壁によって守られ。しかし、620年に大地震に見舞われことで他の旧東ローマ帝国領内では失われてしまった聖像破壊運動以前時代貴重なイコンや[[モザイクフォルム]]などの公共施設数多く残ってい崩壊すなど激しい打撃を受けた
 
コンスタンティノポリスに次ぐ、帝国第二の都市として栄え、多くの教会が建設された。テッサロニキの人々は[[聖像破壊運動]]の時代にも[[イコン]]を隠して守ったため、他の旧東ローマ帝国領内では失われてしまった聖像破壊運動以前の貴重なイコンや[[モザイク]]画が数多く残っている。
 
[[1430年]]に[[オスマン帝国]]によって占領され、以後オスマン帝国の都市となる。トルコ人からはセラーニク(Selânik)、また近在の[[スラヴ人]]からはソルン({{lang|bg|Солун}}、Solun)と呼ばれた。この期間、[[イスラム教]]徒と[[ユダヤ教]]徒の人口が増え、社会基盤が整備されていった。[[バルカン半島]]の中心都市として、東西貿易の拠点としてオスマン帝国でも最も重要な都市の一つとなっていた。[[1888年]]に鉄道が敷設され、[[1896年]]から[[1904年]]の間には港湾が整備された。現代[[トルコ]]の[[建国の父]]、[[ケマル・アタテュルク]]は[[1881年]]にこの町で生まれた。[[青年トルコ人革命]]はここが本部となっていた。
3,064

回編集