「ミシルルー」の版間の差分

編集の要約なし
『'''ミシルルー'''』(Μισιρλού, Misirlou)は、[[ギリシャ]]のポピュラー音楽の楽曲。『'''ミザルー'''』(Miserlou)とも。ミシルルーとはアラビア語で「エジプト」を意味するミスルがトルコ語経由でギリシャ語に入ったもので、「エジプト女性」の意味。本来は歌詞が存在するが、[[器楽曲|インストゥルメンタル]]化したものが有名である。
 
ミシルルーは[[1927年]]に[[アテネ]]で[[レベティコ]](rebetiko)というポピュラー音楽を演奏していた Michalis Patrinos の楽団が最初に演奏した。その作曲者はよくわかっていないが楽団内での共同作業とみられ、作詞もおそらく Michalis Patrinos によるとみられる。[[1920年代]]のギリシャの都市には西欧のポピュラー音楽が流入する一方で、[[トルコ]]領となった[[小アジア]]から住民交換によりギリシャに移住してきたギリシャ人が[[オスマン帝国]]の様々な音楽的伝統を持ち込んでおり、こうした音楽の交配からレベティコという新しい音楽が芽生えた。ミシルルーもレベティコの勃興と共に生まれた曲で、当時は[[チフテテリ]](テンポのゆったりしたダンスのための歌であった。
 
[[1930年代]]以降、[[アメリカ合衆国]]に移民したギリシャ人とともにこの曲もアメリカに持ち込まれ、[[1940年代]]以降[[ジャズ]]や[[イージーリスニング]]の様々な楽団が独自の英語歌詞をつけて演奏するようになった。特に[[1950年代]]以降は「[[エキゾチカ (音楽)|エキゾチカ]]」と呼ばれる、異国調を前面に出した[[ラウンジミュージック]]の一種におけるスタンダードナンバーとなった。[[1962年]]には[[ディック・デイル|ディック・デイル&デルトーンズ]]の演奏による[[サーフミュージック]]アレンジのミシルルーが全米でヒットしており、このバージョンが(「ミザルー」(Miserlou)のタイトルで)今日よく知られている。ディック・デイル版は各国のサーフロック・バンドにカバーされたほか、[[1994年]]の映画『[[パルプ・フィクション]]』で主題曲となり再び広く知られるようになった。
匿名利用者