メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
;昭和12年([[1937年]])
*7月7日 [[盧溝橋事件]]
*8月13日 [[第二次上海事変]]
*10月25日 [[フランクリン・ルーズベルト]]大統領の[[防疫演説]]([[:en:Quarantine Speech]])。日本を侵略国と非難
*12月12日 [[パネーナイ号事件]]
*12月14日 日本の支援による[[中華民国臨時政府 (北京)|北京中華民国臨時政府]]成立
 
;昭和14年([[1939年]])
*7月26日 アメリカが[[日米通商航海条約]]の廃棄を通告
 
;昭和15年([[1940年]])
*1月26日、日米通商航海条約失効。日米間が「無条約時代」に入る
*6月22日 フランス政府、[[独仏休戦協定]]を締結しドイツと休戦。日本で[[フランス領インドシナ]]への進駐計画が始まる。
*7月22日 [[第二次近衛内閣]]成立。[[大本営政府連絡会議]]において対米戦争も想定に入った[[世界情勢推移ニ伴フ時局処理要綱]]を決定。
*3月30日 [[南京]]で[[汪兆銘]]の南京国民政府([[汪兆銘政権]])成立
*7月22日 [[第二次近衛内閣]]成立。[[大本営政府連絡会議]]において対米戦争も想定に入った[[世界情勢推移ニ伴フ時局処理要綱]]を決定。
*8月22日 [[松岡洋右]]外相、駐米大使に[[野村吉三郎]]を指名
*9月22日 [[西原・マルタン協定]]締結により、北部[[仏印進駐]]開始。
*9月27日 [[日独伊三国同盟]]締結
*10月12日 ルーズベルト大統領、「脅迫や威嚇には屈しない」と演説
*7月15日 松岡外相、野村大使に「日米諒解案」のアメリカ政府非公式案に対する日本側回答を訓令。
*7月16日 [[第3次近衛内閣]]成立。松岡外相は更迭され、[[豊田貞次郎]]が後継外相となる。
*7月19日 野村と[[サムナー・ウェルズ]]国務長官代理の初会談
*7月23日 豊田外相、野村大使に日米交渉の継続を訓令。野村大使は南部仏印への進駐が「国交断絶一歩手前迄進ムノ惧レ」があると報告
*7月24日 野村・ウェルズ国務長官代理会談。野村大使は南部仏印進駐が平和目的であると説明、ウェルズは石油禁輸の可能性を示唆。
 
==関連項目==
*[[日米関係史]]
*[[九カ国条約]]
*[[岩畔豪雄]]
*[[機密戦争日誌]]
*[[杉山メモ]]
 
{{DEFAULTSORT:にちへいこうしよう}}
{{Japanese-history-stub}}
2,865

回編集