「焼結」の版間の差分

 
== 現象 ==
焼結は[[温度]]によって加速される。焼結によって物体の外形寸法は小さくなり、物体全体として見た[[密度]]、[[強度]]、及び[[弾性率]]は大きくなる。焼結の過程において物体は完全な[[液体]]にはならないため、焼結体の形状は加熱前の形状がおおむね維持される。但し、粉末組成や温度などの不均一性、あるいは重力などの影響を受けて変形することもある。焼結によって形成される物体は[[多結晶体]]であることが多いが、[[アモルファス]]が形成されることもある。焼結の程度は物質の理想的な[[密度]]に対する比率、あるいは[[気孔 (材料工学)|気孔率]]で表される。一般的な処理温度は融点に0.5を掛けた温度である。
 
== 機構 ==
匿名利用者