「はやぶさ (列車)」の版間の差分

時制の調整
m
(時制の調整)
 
== 概要 ==
「はやぶさ」は、[[東京駅]] - 西鹿児島(現在の[[鹿児島中央駅]])間、のちに東京駅 - [[熊本駅]]間に変更されて、[[東海道本線]]・[[山陽本線]]・[[鹿児島本線]]経由で運行していた[[寝台列車|寝台]][[特別急行列車|特急列車]]([[ブルートレイン (日本)|ブルートレイン]])であった。[[2009年]][[3月14日]]のダイヤ改正で廃止されたことにより、この列車名を使用する列車は運行されなくなった<ref name="haishi_asahi">[http://www.asahi.com/travel/rail/news/TKY200812180377.html ブルトレ、東京駅から消える 3月に富士・はやぶさ廃止] - [[朝日新聞]] 2008年12月19日</ref><ref name="haishi_jreast">{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2008/20081216.pdf 2009年3月ダイヤ改正について]}} - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2008年12月19日</ref><ref name="haishi_jrcentral">{{PDFlink|[http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000003911.pdf 平成21年3月ダイヤ改正について 別紙]}} - 東海旅客鉄道プレスリリース 2008年12月19日</ref>。その後、[[東北新幹線]]の東京駅 - [[新青森駅]]間で運行される列車名として[[2011年]][[3月5日]]に復活した。廃止された寝台特急と同名の新幹線列車としては、この他に[[山陽新幹線]]・[[九州新幹線 (鹿児島ルート)|九州新幹線]]の[[新大阪駅]] - [[鹿児島中央駅]]間を直通運行する「[[さくら (列車)|さくら]]」が予定されている
 
[[2011年]][[3月5日]]からは、東京駅 - [[新青森駅]]間で運行することを予定している[[東北新幹線]]の列車名とすることが[[東日本旅客鉄道]]から発表され<ref name="jreast20100511">{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100504.pdf 新しい東北新幹線の列車愛称等の決定について 〜2011年3月から新型高速新幹線車両(E5系)営業運転開始〜]}} - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2010年5月11日</ref>、東北新幹線の列車名として復活することになった。
 
寝台特急の名称が新幹線の名称となるのは、[[山陽新幹線]]・[[九州新幹線 (鹿児島ルート)|九州新幹線]]の[[新大阪駅]] - [[鹿児島中央駅]]間で直通運行予定の「[[さくら (列車)|さくら]]」に続く事例となる。
 
=== 列車名の由来 ===
 
==== 愛称 ====
E5系電車を用いた最高速度300kmhの列車については、2010年3月に列車名の公募を行った。選考基準は「新型高速新幹線車両にふさわしく、かつお客さまにわかりやすい」こととされ<ref>{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2009/20100302.pdf 新しい東北新幹線の列車愛称を募集します]}} - 2010年3月2日 JR東日本ニュースリリース</ref>、150,372通の応募があった<ref name="jreast20100511" />。その中から、応募総数第7位の「はやぶさ」が選ばれ、2010年5月11日に発表された<ref name="jreast20100511">{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100504.pdf 新しい東北新幹線の列車愛称等の決定について 〜2011年3月から新型高速新幹線車両(E5系)営業運転開始〜]}} - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2010年5月11日</ref>。
 
応募総数の上位にはかつての東北方面を結ぶ優等列車の愛称であった「[[はつかり (列車)|はつかり]]」(第1位)、「[[ひたち (列車)|みちのく]]」(第3位)や、現行列車の愛称でもある「はやて」(第5位)、さらにはE5系のカラーリングが[[VOCALOID]]ソフトのキャラクターを彷彿とさせることからネットユーザーを中心に票を集めた「[[初音ミク|はつね]]」<ref>[http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/377992/ 新幹線「はつね」にしてあげる JR東日本が募集中] - 産経新聞2010年4月8日付</ref>(第2位)などが挙がったが、これら上位を抑え、「親しみやすさとスピード感がある」ことから「はやぶさ」の愛称を採用した<ref name="sankei20100512">[http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/390011/ 東北新幹線、新型車両の愛称「はやぶさ」 八戸-新青森は12月4日開業] - 産経新聞2010年5月12日付</ref>。「はやぶさ」の採用にあたっては、東京と九州を結ぶ伝統ある列車で長く親しまれた名称ということで、JR九州には事前に承諾を取り、その他にも[[商標]]上のチェックなどが行われている<ref name="res20100511">[http://response.jp/article/2010/05/11/140233.html 高速新幹線の愛称が決定] - [[Response.]] 2010年5月11日</ref>。一方で、鉄道ファンからは「九州の印象が強すぎる」と反対の声やE5系に設けられる[[グランクラス]](当時は「スーパーグリーン車」の仮称で呼ばれていた)の存在を指し「伝統の名前にふさわしい」との賛成の意見も出るなど、賛否両論が渦巻いた<ref name="sankei20100512"/>。
9,798

回編集