「メフディー・ベン・バルカ」の版間の差分

編集の要約なし
'''メフディー・ベン・バルカ'''(Mehdi Ben Barka、[[1920年]] - [[1965年]][[10月29日]]失踪)は、[[モロッコ]]の政治家。[[左翼]][[政党]]の[[人民諸勢力全国同盟]](UNFP)の党首、[[キューバ]]の国際的政治団体[[アジア・アフリカ・ラテンアメリカ人民連帯機構]](OSPAAAL)のを務め、モロッコ国王[[ハッサン2世]]への反対運動を展開し、[[パリ]]で失踪を遂げた。[[2011年]]現在、彼の失踪事件は解決されていない。
 
==生涯==
[[1920年]][[ラバト]]で[[公務員]]の家に生まれる。[[1950年]]に[[フランス]]の学校においてで、モロッコ人としては初の[[数学]]の学位を得た。
 
帰国後、彼は保守的な政党である[[イスティクラル党]]のメンバーとなったがに入党するも、[[1959年]]に保守思想を放棄し、左派政党である人民諸勢力全国同盟を結成した。[[1962年]]バルカはハッサン2世に対する陰謀の罪で逮捕され、亡命した。[[1963年]]には[[アルジェリア]]との国境紛争([[砂戦争]])におい際してアルジェリア側を支持し、欠席裁判で死刑を宣告された。
 
[[1965年]][[10月29日]]、バルカは[[パリ]]で警官によって連れ去られて失踪し、以来二度と目撃されていない。
 
[[1975年]][[12月29日]]、[[アメリカ合衆国]]の週刊誌[[タイム]]は「メフディー・ベン・バルカの殺害」と題した記事を発表し、そのた。同記事によるとバルカは3人のモロッコの諜報員3名よって殺害され、またそのうち1人はその後内務大臣になったという。また、[[アメリカ中央情報局]](CIA)やフランスの情報機関、[[イスラエル諜報特務局]]も関与しているとされている。
 
{{デフォルトソート:はるか めふてい へん}}
917

回編集