「フランス人民戦線」の版間の差分

m
 
== 経緯 ==
[[1935年]]左派政党が連合して議会内の派閥を形成する。当時非共産主義を主張していた[[ナチス・ドイツ]]への警戒もあり、同年[[仏ソ相互援助条約]]を締結する。[[1936年]]の[[総選挙]]では[[フランス共産党|共産党]]をはじめとする左派政党が圧勝し、現代政治史上初の革命によらない社会主義政権が誕生した。新首相には社会党の[[レオン・ブルム|ブルム]]が就任した。共産党は閣外協力という形で政権に参加した。またこのとき女性3名が入閣している。フランス史上初めての女性閣僚であったが、婦人に投票権が与えられたのは[[1944年]]になってからである
 
しかし[[1936年]]7月に発生した[[スペイン内戦]]への対応をめぐって、不干渉を主張する[[エドゥアール・ダラディエ|ダラディエ]]の率いる[[急進党]]と、積極的な[[スペイン人民戦線|人民戦線]]政府支援を求めるフランス共産党の関係は悪化し、[[1937年]]6月にブルム内閣は総辞職し、フランスの人民戦線は崩壊した。
917

回編集