「放射性同位体」の版間の差分

天然放射性元素には、[[ウラン]]238や[[トリウム]]232などの、半減期が地球の年齢と同等かそれ以上の核種が存在する。その中で原子番号92のウランの半減期が最大とされている。[[ウラン235]]と[[ウラン238]]の半減期は長く、原子番号93の[[ネプツニウム]]以降は半減期の短い核種しかないためである。
 
ゆえに、ネプツニウム以降の人工放射性元素は、[[超ウラン元素]]とも呼ばれる。特に、[[アメリシウム]](原子番号95)以上の原子番号の元素は自然界には存在しない。例外的に、ネプツニウムと[[プルトニウム]](原子番号94)は人工放射性元素であるが、ウラン238の崩壊生成物として、微量ながら自然界にも存在することがかっている。
 
==応用==
匿名利用者