「押し倒し」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
<!--{{antheruse|相撲の決まり手|押し倒し}}-->
'''押し倒し'''(おしたおし)とは、[[相撲]]の[[決まり手]]のひとつである。相手の胸や喉、腋を押し、土俵上や土俵の外に倒す技。突っ張って土俵の外に出したら突き倒しとなるが区別が難しいため押し倒しとなることが多々ある。[[2004年]]5月場所6日目、35連勝中の[[横綱]][[朝青龍明徳|朝青龍]]を[[北勝力英樹|北勝力]]がこの技で倒し、連勝を止めた一番が有名。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者