「発煙点」の版間の差分

m
(新しいページ: ''''発煙点'''(はつえんてん)とは、油脂を加熱していくときに煙が発生する温度のことである。油脂が[[トリアシルグリ...')
 
普通の精製油脂の発煙点は240℃あるいはそれ以上であるが、精製度の低い[[ごま油]]などでは160℃くらいのものもある。
 
油脂を長い間加熱したときも発煙点は下がる。[[フライ (料理)|フライ]]などに長く使って老化した油では180℃くらいまで発煙点が下がり、フライ中でも発煙するようになり使用に耐えなくなる。
 
== 関連項目 ==
{{DEFAULTSORT:はつえんてん}}
[[Category:物質の性質]]
[[Category:油脂]]