「相鉄8000系電車」の版間の差分

=== 運転機器・保安設備 ===
* JR仕様の保安装置を設置、先頭車の床下に[[自動列車停止装置#ATS-P形(デジタル伝送パターン形)|ATS-P]]が設置されたほか、各先頭車にはデジタル列車無線(準備工事)が設置された。この無線のアンテナは運転席真上の屋根上に伸びる2本の棒のようなものがそれである。他に運転士が意識を失っても列車の暴走を止める[[緊急列車停止装置|EB装置]]が設置された。
* 運転台に設置されている機械では、運転者に各種情報を知らせるモニタ装置を交換した。ディスプレイは[[フルカラー]][[タッチパネル]]とされている、またモニター装置交換と同期に運転支援のための仕業カード対応型となっている。<ref>[[相鉄10000系電車|10000系]]の[[TIMS]](Train Information Management System)などとは別物であり、表示は[[東武50000系電車|東武50000系列]]使用されている日立製作所製の[[鉄道車両のモニタ装置|ATI]]に近い。</ref>
 
<gallery widths="180" perrow="3">
匿名利用者