「アッピア街道」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Via Appia map.jpg|thumb|right|350px|アッピア街道の道筋。]]
'''アッピア街道'''(''' (Via Appia'''、, アッピアかいどう) とは現存する[[ローマ街道]]の中でも最も有名なもののひとつで「街道の女王」の異名を持つ。新しいアッピア街道が[[1784年]]に旧道に平行して敷設されたため、アッピア旧街道(Via (Via Appia Antica)Antica) とも呼ばれる。
 
==概要・歴史==
[[Image:Via Appia Antica, Rome, 2004.jpg|thumb|left|180px|]]
[[File:Celio - Porta san Sebastiano 1973.JPG|thumb|right|180px|始点のサン・セバスティアーノ門]]
[[紀元前4世紀|紀元前312年]]に当時の[[ケンソル]]であった[[アッピウス・クラウディウス・カエクス]]の要請により[[元老院]]の反対のなか、すでに存在した[[ローマ]]と[[アルバーノ]]丘陵を結んでいた街道を改修、拡大し敷設が始まった。敷石には頑丈な[[ベスビヴェズーヴィ山|ウェスウィウス山]](ヴェズーヴィオ山)の火山岩が用いられた。
 
アッピア旧街道の当初のルートはローマ市内([[カラカラ浴場]]の南東角、ヌーマ・ポンピリオ広場付近)と[[アリッチャ]]、アッピウスのフォルム、[[テッラチーナ]]、[[フォンディ]]、[[フォルミア]]、[[ミントゥルノ]](ミントゥルナエ)、[[モンドラゴーネ]](シヌエッサ)、[[カプア|カープア]]だった。
 
[[紀元前2世紀|紀元前190年]]、街道は[[ベネヴェント]](|ベネウェントゥム]](現ベネヴェント)や[[ヴェノーザ|ウェヌシア]](現ヴェノーザ)までさらに延長され、次の時代には[[ターラント]](|タレントゥム]](現ターラント)と[[ブリンディジ]](|ブルンディシウム]](現ブリンディジ)まで延長された。
 
アッピア・トライアーナ、つまりトライヤヌスのアッピア街道はより線状に[[ベネヴェント|ベネウェントゥム]]と[[カノーザ]](|カヌシウム]](現カノーザ)や[[バーリ|バリウム]](ウム)を繋いだ。
 
[[紀元前71年]]、約6000人の奴隷が[[スパルタクスの反乱|スパルタクス]]に率いられ[[第三次奴隷戦争|反乱を起こした]]。[[マルクス・リキニウス・クラッスス]]によってこの奴隷反乱が鎮圧されると逮捕された反乱者たちは街道沿いに十字架にかけられ、それらは[[ポンペイ]]にまで達した。
ローマ帝国の滅亡後、街道は永らく使用されなかったが教皇[[ピウス6世 (ローマ教皇)|ピウス6世]]の命により修復され再び利用された。
 
街道の広い部分は元の状態で現在まで保存されていて、ところどころは現在でも自動車道として使用されている(例えば、[[ヴェッレトリ]]近辺など)。ローマに近い街道沿いの部分では、ローマ時代の墓碑や初期キリスト教の[[カタコンベ]]を多数見ることができる。
 
アッピア街道上にて初めて[[マイルストーン]]が見られた。
==マイルストーン==
[[File:Appia antica 2-7-05 007.jpg|thumb|right|180px|マイルストーン]]
[[ローマ帝国]]が前120年頃の道路関連法「[[センプローニウス法]]」に基き、主要な[[街道]]に1[[マイル#英語圏以外のマイル|ローママイル]](1000 (1000) ごとに設置したのが始まりとされ、アッピア街道にはこの[[マイルストーン]]が現在でも残っている。 起点は[[フォロ・ロマーノ]]である。
 
== 関連項目 ==
*[[ブリンディジ]] - 終点
*[[オットリーノ・レスピーギ]](交響詩 ローマの松)
*[[アウレリアヌス城壁]]のサン・セバスティアーノ門 ([[:en:Porta San Sebastiano|en]])(アッピア門) - 始点(起源 (3世紀から)
*[[ラティーナ門]]
*[[アッピウス・クラウディウス・カエクス]] - アッピア街道だけでなく、彼はローマ初の上水道である[[アッピア水道]]も建設した。
843

回編集