「きょしちょう座47」の版間の差分

編集の要約なし
</table>
 
'''きょしちょう座47'''(47(''47 Tucanae''、NGC104)は[[きょしちょう座]]にある[[球状星団]]である。地球から約13,400[[光年]]の距離にあり、肉眼で見ることができる。実視等級が4.0等と明るいため、初めは恒星として「きょしちょう座47番」という[[フラムスティード番号]]が与えられて星表に記載された。これ以来、球状星団であることが分かった現在でもこの名前で呼ばれている。
 
恒星でなく星雲状天体であることは[[1751年]]に[[ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ]]が発見した。この星団は赤緯が低いため、非常に明るい球状星団であるにもかかわらずラカーユの発見以前にはヨーロッパの観測者に知られていなかった。この星団の視直径はほぼ満月の大きさに等しい。天球上では同じきょしちょう座の[[小マゼラン雲]]のごく近くに位置するが、小マゼラン雲(距離約20万光年)に属する天体ではない。
[[Category:フラムスティード天体]]
[[Category:NGC天体|104]]
[[Category:カルドウェル天体|106]]
[[Category:きょしちょう座|47]]
 
23,380

回編集