「毛氏豊見城殿内」の版間の差分

編集の要約なし
読谷山山田按司の子毛国鼎・[[護佐丸|中城護佐丸盛春]]は[[座喜味城]]や[[中城城]]を築き、[[中城按司]]を称したが、勝連按司阿摩和利によって滅ばされた。三男[[中城盛親]]は[[尚円王]]の時に、豊見城間切総地頭職となり、また代々[[連綿]]と[[豊見城]]を領し、一族は大いに繁栄した。名乗頭は盛という。
 
{{デフォルトソート:もうしとよみすくとぅんち}}
[[Category:琉球王国]]
[[Category:日本の氏族]]