「イモビライザー」の版間の差分

キーのIDは[[暗号化]]されており、その組み合わせは膨大な数になるため、複製することはほぼ不可能に近い、そのため合カギや[[配線]]直結の手口にも有効なセキュリティシステムとされてきた。(ただし、当然ではあるが[[車上荒らし]]には効果がない。)
 
だが、イモビライザーを搭載した車が盗まれるケースもゼロではない([[2005年]][[10月25日]]に起きた[[日本プロサッカーリーグ|J1]](当時)[[FC東京]]の[[茂庭照幸]]選手の[[ランドクルーザー]]盗難事件など)。
また、運転席付近にある整備用のコネクタに差し込むことで車両側のIDコードをリセットして別のキーのIDコードに照合させることでエンジンの始動を可能にする「イモビカッター」なるものが登場し、十数秒で解錠できるようになってしまった。現在の法令ではこれらの所持は違反ではないが、[[2011年]]2月にこれを販売していた男に対して[[窃盗]]幇助罪が適用され起訴されたケースがある。
 
匿名利用者