「共同被告同志に告ぐる書」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
==概要==
佐野学と鍋山貞親は検挙後、[[共産主義]]に疑念を抱くようになった。そこで検察は二人を対面させて議論させた。議論を通じて両者の見解は一致し、1933年6月10日に「共同被告同志に告ぐる書」と題する声明書を公表した。既に獄中にあった党員に対しても、[[刑務所]]を通じて彼らの転向声明書が配布された。
 
この声明書の効果は絶大で、一ヶ月もしないうちに幹部の[[高橋貞樹]]・[[三田村四郎]]・[[中尾勝男]]・[[風間丈吉]]・[[田中清玄]]が転向、学者の[[河上肇]]も転向宣言をし、以降雪崩を打ったかのように転向が相次いだ。転向せずに終戦を迎えたのは[[宮本顕治]]など少数のみであった<ref>[[保阪正康]] 昭和史の大河を往く 第251回 [[サンデー毎日]] 2011年3月27日特大号 pp.52-55</ref>
 
==要旨==
==参考文献==
*『'''日本共産党の研究 下'''』(立花隆 1978年)
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
==関連項目==
{{戦前の日本共産党}}
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:きようとうひこくとうしにつくるしよ}}
[[Category:戦前の日本共産党]]
[[Category:1933年の日本]]