「萩ノ茶屋駅」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''萩ノ茶屋駅'''(はぎのちゃやえき)は、[[大阪市]][[西成区]][[萩之茶屋]]にある、[[南海電気鉄道]]の[[鉄道駅|駅]]である。
 
線路名称上は、当駅を通る路線は[[南海本線]]であるが、運系統上は[[南海高野線|高野線]]のみの駅となっている(南海本線用の線路にホームがいため、南海本線列車が全て通過となるため)。
 
== 駅概要 ==
所在地は西成区萩之茶屋となっているが、[[1973年]](昭和48年)の町名変更が行われる前までは、'''東萩町'''であった。一方、駅名は[[1907年]](明治40年)の開業時から萩ノ茶屋である。
 
当駅の所属路線は南海電気鉄道の[[南海本線]]である。下図に示すとおり、当駅を含む[[難波駅]] - [[岸里玉出駅]]間は南海本線所属でありながら、系統上では南海本線と高野線の重複区間となっており、各線の線路も別々に敷設された[[複々線]]区間となっている。このうち、当駅および[[今宮戎駅]]には高野線列車が使用する東側2線のみにホームが設けられている。以前は、東側2線を経由し、当駅・今宮戎駅に停車する南海本線の各駅停車も存在したが、現在は高野線の各駅停車のみが停車する。そのため、隣の天下茶屋駅に優等列車が徐々に停車し始めるようになるまで和歌山市・関西空港方面へ急ぐ場合、まず当駅から天下茶屋駅まで高野線各停に乗車し、次に南海本線普通に乗り換え、さらに[[堺駅]]で特急か急行に乗り換えなければならず、不便だった。
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:90%;"
|-
|}
 
[[南海天王寺支線]]の[[天下茶屋駅]] - [[今池町駅]]間の部分[[廃線|廃止]]後の[[1984年]] - から[[1993年]]は、今池町駅と当駅の間を[[徒歩連絡]]としていた。
 
== 駅構造 ==
島式1面2線のホームを持つ[[高架駅]]。[[有効長|ホーム有効長]]は6両。上り線の西側に全列車通過となる南海本線列車用の線路がある。
2階にホーム、1階に改札口がある。ホームとコンコースを結ぶエレベーターもある。
 
== 利用状況 ==
2004年度の調査結果では、1日あたりの平均乗降客数は2402人。この数字は南海の駅全体では99駅中65位、高野線の駅(難波 - 岸里玉出間含む)としては42駅中29位である。
 
== 駅周辺 ==
 
== 歴史 ==
* [[1907年]]([[明治]]40年)[[12月20日]] - 南海鉄道の恵美須(現・[[今宮戎駅|今宮戎]]) - 天下茶屋間に新設。
* [[1937年]]([[昭和]]12年)[[11月1日]] - 東線(現在の高野線用)高架化。
* [[1938年]](昭和13年)[[9月10日]] - 高架化完成。
* [[1944年]](昭和19年)[[6月1日]] - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
* [[1947年]](昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
* [[1970年]](昭和45年)[[11月23日]] - 南海本線の東線各駅停車が廃止。以降高野線各駅停車のみの停車となる。
 
== 隣の駅 ==
323

回編集