「新幹線E5系・H5系電車」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
車体は、[[アルミニウム合金]]による中空トラス断面の[[ダブルスキン構造]]を採用した。[[トンネル微気圧波]]を低減するため、車体高を[[新幹線E954形電車|E954形]] (FASTECH 360 S) と同じく3,650mmとし、車体幅は3,350mmとした<ref name="RJ 200910">{{Cite book|和書|title=鉄道ジャーナル2009年10月号|year=2009|publisher=鉄道ジャーナル社|pages=p.71|id=}}</ref>。[[振り子式車両#車体傾斜制御装置|車体傾斜]]を考慮して、車体側面を内傾させている<ref name="RJ 200910" />。
 
先頭形状は、E954形8号車の「アローライン」を基にした「ダブルカスプ」形とし、トンネル微気圧波の低減を図っている。また、ノーズの長さをE954形の16[[メートル|m]]から、約15mに短縮している<ref name="kotsu20090205" />。キャノピー状となった運転台上部に前照灯(4連)と尾灯を備える<ref name="RJ 200910 0" />。量産先行車であるS11編成では[[新幹線N700系電車|N700系]]と同じように、両先頭車(1号車と10号車)の運転台寄りの客用扉が[[プラグドア]]となっており、他の客用扉は通常の引き戸となっていたが、量産車であるU2編成以降ではプラグドアは廃止され、通常引き戸となっている。
 
車体の色は、未来を感じさせる先進的イメージとスピード感を表現するため、[[新幹線E954形電車|E954形]]「FASTECH 360 S」を基にし、上部を「常盤グリーン」、下部を「飛雲ホワイト」とし、その境目となる中央に「はやてピンク」の帯としている<ref>{{PDFlink|[http://www.jreast.co.jp/press/2008/20090112.pdf 新型高速新幹線車両(E5系)のデザインについて]}} JR東日本プレスリリース 2009年2月3日付</ref>。
 
==== 台車 ====
台車は[[新幹線E2系電車|E2系]]の台車をベースに耐久性・制動性を強化した[[ボルスタレス台車]]でブレーキ力強化の為、以前は油圧式だっだキャリパー式ディスクブレーキと車輪の間にあるディスクブレーキ(付随車に装着)を空気圧式に変更した。台車形式は、電動車両がDT208、付随車両がTR7008となっており、先頭車両運転台寄りは、レールと車輪との[[摩擦力|粘着力]]を高めるための[[セラミック]]噴射装置を備えたTR7008Aである。また前述の[[アクティブサスペンション|フルアクティブサスペンション]]と空気バネによる[[振り子式車両#車体傾斜制御装置|車体傾斜]]を搭載する。<ref name="RJ 201102">{{Cite book|和書|title=鉄道ダイヤ情報2011年2月号|year=2011|publisher=交通新聞社|pages=p.80|id=}}</ref>。
 
==== 集電装置 ====
 
==== 設備 ====
[[グリーン車]]、グランクラスは新青森寄り車端の1か所に、普通車は各車両端の2か所に客用扉・デッキを設けた。
 
全座席に読書灯が設置されるほか、[[空気清浄機]]、[[フルカラー]][[発光ダイオード|LED]]式[[車内案内表示装置|表示装置]]、[[配線用差込接続器|コンセント]]([[グリーン車]]は全席に、普通車は窓際席に)も設置される<ref name="kotsu20090205" /><ref name="E5 detail" />。また、防犯対策として、車両デッキには[[監視カメラ|防犯カメラ]]も設置される<ref name="E5 detail" />。
 
[[列車便所|便所]]は2両に1箇所(奇数号車の新青森寄り)に設置されており、大便所2箇所([[便器#腰掛大便器(洋式・洋風大便器)|洋式便器]]2箇所)と小便所1箇所、[[洗面器#洗面台・洗面所|洗面所]]2箇所という構成である。ただし、5号車のそれは、洗面所が1箇所のみとなっている。
 
[[バリアフリー]]対策としては、5号車と9号車に[[車椅子]]対応設備(出入り口の拡張、車椅子対応座席の設置、車椅子対応トイレなど)が設置される<ref name="E5-2" />。トイレはハンドル式電動車椅子対応とされている<ref name="E5 detail" />。さらに、5号車には多目的室も設置される<ref name="RJ 200910 3">{{Cite book|和書|title=鉄道ジャーナル2009年10月号|year=2009|publisher=鉄道ジャーナル社|pages=p.70|id=}}</ref>。
|}
*1 - 5号車は[[日立製作所]]が、6 - 10号車は[[川崎重工業]]が製造した。
*9号車の東京寄りに乗務員室が設置されている<ref name="E5-1" />。
*10号車の先頭部分にのみ、E3系・E6系との分割併合用の連結器を備える<ref name="E5E5" />。
 
323

回編集