「SLやまぐち号」の版間の差分

m
C57 1、C58 1→C571、C581:形式と製造番号の間にスペースはない
m (C57 1、C58 1→C571、C581:形式と製造番号の間にスペースはない)
|画像 = C571-SL Yamaguchi 2006 08200011.JPG
|pxl =
|画像説明 = SLやまぐち号(C57 1(C571牽引)
|運行主体 = [[西日本旅客鉄道]](JR西日本)
|列車種別 = [[快速列車]]
|運転区間 = [[新山口駅]] - [[津和野駅]]
|主な経由線区 = [[山口線]]
|使用車両 = [[国鉄12系客車|12系客車]]([[下関総合車両所]])<br/>[[国鉄C57形蒸気機関車1号機|C57 1C571]]([[梅小路蒸気機関車館|梅小路運転区]])
|運転開始日 = 1979年8月1日
|運転終了日 =
 
==== 牽引機関車 ====
[[ファイル:JR west SL Yamaguchi C57 1 shimyamaguchi.jpg|thumb|200px|集煙装置を外した C57 1C571。<br />(2009年11月22日 新山口駅)]]
[[ファイル:C56160 yamaguchi_NewYear.jpg|thumb|200px|C57 1C571の代わりに使用されるC56 160。次位は補助機関車のDD51形。<br />(2003年1月)]]
1979年の運転開始から、客車の牽引には[[梅小路蒸気機関車館|梅小路運転区]]所属の[[国鉄C57形蒸気機関車1号機|C57 1C571]]が使用される。また、主に8月には[[国鉄C56形蒸気機関車|C56 160]]と[[重連運転|重連]]で運転される。
 
C57 1C571が故障や[[鉄道車両の検査|検査]]などで使用できないときはC56 160が本務機となるが、C56 160単機では勾配の多い山口線での牽引は客車2両が限界であるため、[[下関総合車両所]](本所)所属の[[国鉄DD51形ディーゼル機関車|DD51形ディーゼル機関車]]を[[補助機関車]]に従えた重連により運転される。2005年秋にC57 1C571が故障した際にはC56 160の手配が付かず、DD51形の単機牽引で「'''DLやまぐち号'''」として運転された。また、C57 1C571が検査中だった[[2010年]][[5月4日]]・[[5月5日|5日]]もC56 160の不調によりDD51形の単機牽引となった<ref>[http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2010/0504/4.html SLやまぐち号に不具合 4、5日ディーゼルのみの運行] - [[山口新聞]] 2010年05月04日</ref>。
 
1980年から1984年までの間、予備機として[[国鉄C58形蒸気機関車|C58 1C581]]も使用され、C57 1C571との重連運転も実施された。C58 1C581は1984年にボイラーを傷めたため、[[梅小路蒸気機関車館]]へ戻され、[[お召し列車|お召し]]仕様で[[静態保存]]されている。C56 160は1987年に入線している。
 
蒸気機関車現役時代、山口線ではC57形は使用されておらず、C58形や[[国鉄D51形蒸気機関車|D51形]]、[[国鉄D60形蒸気機関車|D60形]]などが使用されていた。山口線は[[線形 (路線)|勾配]]が続き、[[トンネル]]も多いため、煙突に[[集煙装置]]が取り付けられていたが、C57 1C571C58 1C581も入線に当たって、現役時代は取り付けられていなかった集煙装置が取り付けられた。これにより、特にC57 1C571は大きく形態を崩すこととなったが、乗務員の労働環境改善や沿線の環境に配慮するため、致し方ないものとされた。C56 160との重連運転などの際には、しばしば集煙装置を外して運転される。なお、C56 160に集煙装置が取り付けられたことはない。
{{-}}
 
 
このほか、次のヘッドマークが使用された。
* [[1997年]]の運転時には、牽引機C57 1C571の竣工60周年と、同年のNHK大河ドラマ『[[毛利元就 (NHK大河ドラマ)|毛利元就]]』放映を記念し、丸型の赤枠黄色地の上に、[[ステンレス鋼|ステンレス]]で作られた3本の矢を象ったヘッドマークが用意された。C57 1C571の[[除煙板]]にも同様のデザインの[[エンブレム]]が取り付けられた。
* 1999年は運転開始20年を記念して、ヘッドマークを特製して掲出された。また、記念日となる8月1日には子供の1日車掌を交えた記念式典が行われた。
* [[2001年]]の『[[山口きらら博]]』開催期間中は、同博覧会のキャラクター「山口きららバンド」をデザインしたヘッドマークが掲出された。
* 2003年10月のダイヤ改正で小郡駅が新山口駅に改称されるため、同年9月30日の運転では「ありがとう小郡駅 2003.9.30」と書かれたヘッドマークが掲出され、10月1日の運転では「新山口駅 平成15年10月1日」と書かれたヘッドマークが掲出された。
* 2004年8月1日には蒸気機関車復活25周年を記念したヘッドマークを掲出して運転された。
* 2007年3月21日には、牽引機C57 1C571の竣工70周年([[1937年]]3月22日竣工)を記念するヘッドマークが掲出された。デザインは公募で選ばれた7歳の男の子のもの。次点に選ばれた70歳の男性のデザインのものが除煙板に掲出された。なお、同じく70周年記念として同年8月より車内で販売されている「SL弁当」の掛け紙が1万枚限定で変更されている(これもデザインは公募)。同年4月29日には山口県山口市出身の詩人[[中原中也]]の生誕100年([[1907年]]4月29日生まれ)を記念し、中原中也をイメージしたヘッドマークを掲出して運転された。
* 2008年8月1日 - 3日は「やまぐちDELUXE 2008」と書かれたヘッドマークを掲出して運転された。
* 2009年8月1日には蒸気機関車復活30周年を記念したヘッドマークを掲出して運転された。
 
== 沿革 ==
* [[1979年]]([[昭和]]54年)[[8月1日]]:C57 1:C571による牽引で運転開始。客車はオリジナルの12系を使用した。
* [[1980年]](昭和55年):C58 1):C581が牽引機に加わる。
* [[1984年]](昭和59年)[[1月]]:C58 1:C581引退。以後予備機なしでC57 1C571のみでの牽引となる。
* [[1987年]](昭和62年)[[4月1日]]:[[国鉄分割民営化]]により、運行主体がJR西日本に移行。
** [[6月7日]]:旧形展望客車「マイテ49 2」を連結開始。6月の毎日曜日に旧形客車3両+マイテ49 2で運転。(28日を除く)
** [[6月28日]]:C56 160との重連開始。旧形客車3両+ぶどう色2号12系客車3両+マイテ49 2で運転。
* [[1988年]](昭和63年):12系客車1編成の内装、外装を改造。「レトロ客車」として[[7月24日]]から運転開始。
* [[1991年]](平成3年)[[4月1日]]:津和野駅 - [[益田駅]]延長運転し、「'''SLドラマチックやまぐち号'''」として運転。C57 1C571とC56 160の重連でマイテ49 2連結。上りの益田駅 - 津和野駅間はC56 160が最前部のバック重連で運転。
* [[1999年]](平成11年):運転開始20周年を記念してヘッドマークが特別なものに。
** 8月1日:記念式典が行われるとともにC56 160, マイテ49 2を連結した特別編成で運転。
* [[2000年]](平成12年)[[12月31日]]:20世紀から21世紀へ「'''SLやまぐち21世紀号'''」運転。
* [[2003年]](平成15年)[[3月]]:「レトロ客車」改造。大正風客車に展望デッキを設置し、連結順序変更。[[3月21日|21日]]から運転開始。
* [[2004年]](平成16年)8月1日:復活運転25周年を記念し、[[篠目駅]]にて下りC57 1C571牽引5両(レトロ客車)と、上りC56 160牽引2両([[国鉄12系客車|12系客車]])の交換が行われた。
* [[2005年]](平成17年)[[2月|2]] - 3月:「レトロ客車」リニューアル。外装を統一し、荷物置き場を新設。[[3月19日]]から運転開始。
* [[2007年]](平成19年)8月1日:C57 1:C571製造70周年企画イベントとして、上り津和野発新山口行きに限りC56 160と初の[[動力集中方式|プッシュプル]]運転を実施。同様のプッシュプル運転が同月15, 19日にも実現。
* [[2008年]](平成20年)8月1 - [[8月3日|3日]]:山口[[デスティネーションキャンペーン]]の企画イベントとして、客車を「[[サロンカーなにわ]]」に変更し、C56 160との重連運転を実施した「'''SLやまぐちDX号'''」を運転。
** [[8月17日]]:上り列車に限りC56 160とのプッシュプル運転を実施。
** 8月1日:客車をオリジナル仕様の12系客車5両編成(京都総合運転所所属)に変更して、「'''SLやまぐち30周年号'''」として運転。上り列車はプッシュプル運転を実施。
** [[9月20日|9月20]], [[9月21日|21日]]:「'''SLやまぐちゆうゆう号'''」として客車をイベント車両「[[ゆうゆうサロン岡山]]」6両(グリーン車)を牽引して運転。
* [[2010年]](平成22年)[[10月9日|10月9]] - [[10月11日|11]], [[10月16日|16]], [[10月17日|17日]]:客車を「[[サロンカーなにわ]]」および「[[あすか (鉄道車両)|あすか]]」に変更して運転された。前者は「'''SLやまぐち なにわ号'''」、後者は「'''SLやまぐち あすか号'''」として運転され、下り列車はC57 1C571とC56 160の重連運転、上り列車はプッシュプル運転が行われた<ref>[http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174897_799.html SL「やまぐち」号C57形1号機「貴婦人」および イベント車両での運転について] - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年7月14日</ref><ref>[http://railf.jp/news/2010/10/17/142000.html SL“やまぐち あすか”運転] 鉄道ファン</ref><ref>[http://railf.jp/news/2010/10/10/120000.html SL“やまぐち なにわ”運転] 鉄道ファン</ref>。
<gallery>
ファイル:JNR SL yamaguchi 12blue.jpg|SLやまぐち号<br />(1986年 小郡駅)
ファイル:JR west SL Yanaguchi C56 C57.jpg|C56 160+C57 1C571牽引によるSLやまぐち号<br />(1987年6月28日 長門峡駅 - 渡川駅間)
ファイル:C57 C56 SLYamaguti DX.jpg|SLやまぐちDX号<br />(2008年8月3日 長門峡駅 - 渡川駅間)
ファイル:C57 C56 SLYamaguti Youyou.jpg|SLやまぐちゆうゆう号<br />(2009年9月21日 長門峡駅 - 渡川駅間)
323

回編集