「キノン」の版間の差分

→‎ベンゾキノン: ベンゾキノンの記事立項につき
m (ロボットによる 追加: ca:Quinona)
(→‎ベンゾキノン: ベンゾキノンの記事立項につき)
== ベンゾキノン ==
[[Image:Benzoquinones.png|thumb|300px|''o''-ベンゾキノン(左)と ''p''-ベンゾキノン(右)の構造式]]
{{main|ベンゾキノン}}
最も簡単な構造のキノンとして互いに異性体の関係にある ''o''-ベンゾキノン(オルトベンゾキノン)と ''p''-ベンゾキノン(パラベンゾキノン)が挙げられる。これらのことを単にキノンと呼ぶこともある。分子式は C<sub>6</sub>H<sub>4</sub>O<sub>2</sub>、分子量は 108.09 である。
*''p''-ベンゾキノン(1,4-benzoquinone, [[IUPAC名|IUPAC組織名]]は シクロヘキサ-2,5-ジエン-1,4-ジオン) 融点 116 ℃、沸点 180 ℃ 付近。刺激臭のある黄色の固体。水にはほとんど溶けず、引火の危険性がある。[[CAS登録番号]]は [106-51-4]。酸化剤であり、[[フェロセン]]を酸化してフェロセニウムイオンとする。自身は還元されると[[ヒドロキノン]]となる。ヒドロキノンなどの電子豊富な化合物と[[電荷移動錯体]]を作ることがある。