「リトルリーグ」の版間の差分

編集の要約なし
'''リトルリーグ'''とは、少年[[硬式野球]]および少女[[ソフトボール]]の総称である。国際本部は[[アメリカ合衆国]][[ペンシルベニア州]][[サウスウィリアムズポート (ペンシルベニア州)|サウスウィリアムズポート]]に置かれている。
 
== 歴史 ==
[[1939年]][[6月]]、[[アメリカ合衆国]][[ペンシルベニア州]][[ウィリアムスポート (ペンシルベニア州)|ウィリアムズポート]]で[[カール・ストッツ]]が中心になって地元の少年12人が少年野球団を結成。初めは、9歳から12歳までの少年で作られた3チームの小さな団体だった。その後、[[1947年]]に第1回の世界選手権([[リトルリーグ・ワールドシリーズ]])が開始された。正式な団体として成立されたのは[[1964年]][[7月16日]]で、当時の[[アメリカ大統領]][[リンドン・ジョンソン]]の署名によって[[連邦政府]]認可の[[法人]]となった。[[1974年]]以降は少女のソフトボールチームもリトルリーグの世界本部は設立の地であるウィリアムズポートある加わった。[[20032010年]]現在、世界にはリトルリーグ加盟国・地域数チーム、105ヶ国・地域とな7,100以上あり、[[選手]]数少年野球に270217万人、[[少女ソフトランティア]]数ールに10034万人に上の選手がい<ref>[http://www.littleleague.org/learn/about/historyandmission/aroundtheworld.htm Little League around the World]. Little League.</ref>
 
[[日本]]では[[1955年]]ごろ、[[東京都]]近郊にある5-6リーグでスタートし、[[1964年]]にリトルリーグ生誕25年を記念し、日本リトルリーグ協会(現・[[日本リトル野球協会]])が設立され、1970年から[[三井物産]]・[[フジサンケイグループ]]の支援で全日本選手権大会([[1967年]]創立)などの全国大会を協賛するようになった。
毎年4~6月に各地域連盟ごとの予選会(全国12地区)を開催し、それぞれの予選会優勝チームが6月下旬、ないしは7月初旬に一堂に会して[[日本一]]を決定する全日本選手権をトーナメント制で争う。平年は[[東京都]]の[[江戸川区球場]]、[[江戸川区臨海球技場]]で開かれるが、[[2004年]]度の大会は初めて[[兵庫県]]で開かれた。
 
[[2006年]]度までは全日本選手権の優勝リーグ(チーム)は、その直後(7月下旬)に[[アジア]]・[[オセアニア]]各国の代表チームと対戦するアジア・太平洋地区選手権に出場。日本はアジアブロックの枠で出場し、そこで1位になればワールドシリーズの出場権を得ていたが、2006年11月14日にサウスウィリアムズポートで開催されたリトルリーグの国際会議で、[[2007年]]から日本がワールドシリーズにおいて独立した地域として承認された。これにより、全日本選手権の優勝リーグ(チーム)が日本地区代表として直接リトルリーグ・ワールドシリーズに出場できることになった。
 
=== リトルリーグ・ワールドシリーズ ===
毎年8月にアメリカのサウスウィリアムズポートの国際本部で開かれる[[リトルリーグワールドシリーズ]]は、アメリカ国内の各地区支部ごとの予選を勝ち上がった8チーム(アメリカ国内グループ)と、それ以外の地域(日本、アジア・オセアニア<ref>2006年まではそれぞれの地域で1つずつだったが、2007年から日本が別枠となったためアジア・オセアニアは統合して1枠になった。</ref>、[[カナダ]]、[[ラテンアメリカ]]、[[カリブ海]]諸国、[[メキシコ|メキシコ合衆国]]、[[ヨーロッパ]]、中東・アフリカ)の8チーム(インターナショナルグループ)に分かれて予選リーグを戦い、それぞれの1位チームが直接対決をしてリトルリーグの世界一を決める。
 
*日本の代表チームは、2010年までに7チームが世界チャンピオンに輝いている。