「ユーロトンネル9形電気機関車」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:Eurotunnel 9.jpg|thumb|200px|クラス9電気機関車]]
'''ユーロトンネルクラス9電気機関車''' ('''Eurotunnel Class 9''')はブラッシュトラクション (''Brush Traction '') で[[1993年]]から[[2002年]]に製作された[[電気機関車]]である。[[英仏海峡トンネル]]で[[ユーロトンネルシャトル]]列車のけん引運用に就いている。車両は[[ユーロトンネル会社]]が所有し運営を行っている。
 
== 概要 ==
クラス9は、ブラッシュトラクションで製造されたニュージーランド鉄道EF型電気機関車が基になっている。
単機での軸配置はBo-Bo-Bo6軸のF級の車両であるが、通常シャトル列車ではトレーラーの前後に2両挟んで運用されているため、2両合わせると12軸となっている。シャトル列車の両方の[[ターミナル]]は[[ループ線]]になっており180度の急カーブが存在するため、中央の台車にはそれを許容する作用がある。[[保安装置]]は[[フランス]]の[[LGV]]などでも使われ英仏海峡トンネルで使用されているTVM430(TVM430([[自動列車制御装置]])に対応したものが装備され、電気方式は[[交流電化]]25 kV 50 Hzである。最高速度は160 km/h。
 
安全上の理由からそれぞれの機関車は単機でも故障した機関車やシャトル列車、[[貨物列車]]、[[ユーロスター]]などの編成を押し出すことが可能である。その上で2両で組むことにより故障の可能性を減らしている。機関車の火災対策として、防火壁も備えられているクラス9が製造された。ブラッシュトラクションは[[ラフバラー]]にあり重整備もそこで行われている。英国の[[車両限界]]よりも大きい規格のため、整備検査時は陸送によってラァフバラまで運ばれている。
[[イギリス|英国]]でもフランスでも共通に運転士は左側に乗務する。後部の機関車には列車長が乗務し、緊急時には条件付の運転士ながら列車をトンネル外へ出す役目を果たす。前部の機関車には車両基地での入換用に車両後部に小型の運転台が装備されているが、後部機関車には装備されていない。
 
英仏海峡トンネル内ではシャトル列車用のクラス9以外にも通常の貨物列車用に[[イギリス国鉄クラス92電気機関車]]が使用されている。なお、クラス9という呼称は[[TOPS]]でのクラスではない。
 
== 諸元 ==
|9001-9038
|1992-1994
|rowspan=2|5760 kW (7725 hp)
|一般機関車
|-
|9101-9113
|1998-2001
|5760 kW (7725 hp)
|貨物シャトル列車用
|-
|9701-9707
|2001-2002
|7000 kW (9387 hp)
|貨物シャトル列車用
|-
|9801-9840
|2004 更新
|7000 kW (9387 hp)
|9/0更新用
|-
323

回編集