「ブレット・セシル」の版間の差分

== 選手としての特徴 ==
{{節stub}}
最速95平均91マイル(約152km145.6km/h)の速球([[速球#ツーシーム・ファストボール|ツーシーム]])と鋭い[[スライダー (球種)|スライダー]]、[[チェンジアップ]]が武器<ref name="sl"></ref>。他に[[カーブ (球種)|カーブ]]も投げる<ref>Drew Davison/Special to MLB.com,09/01/09,[http://toronto.bluejays.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090831&content_id=6719408&vkey=recap&fext=.jsp&c_id=tor Lind provides history lesson in Jays' win],bluejays.com(英語),2009年9月2日閲覧</ref>。
 
ドラフト時は持ち球の中に[[チェンジアップ]]がないことが弱点とされていたが<ref>[http://web.minorleaguebaseball.com/milb/events/draft_report/y2007/index.jsp?mc=cecil Minor League Baseball: Events: 2007 Draft Report],MiLB.com(英語),2009年9月2日閲覧</ref>、プロ入り後にチェンジアップの習得を開始<ref>Dennis LePore, Special to SI.com,07/19/09,[http://sportsillustrated.cnn.com/2009/fantasy/06/19/sandlot.shrink/index.html Sandlot Shrink: Watch for Cecil, Frasor, Blanks, Downs and others],SI.com(英語),2009年9月2日閲覧</ref>。現在ではチェンジアップを決め球の1つにしており<ref>[http://www.torontosun.com/sports/baseball/2010/05/03/13812436.html Jays ride Cecil's one-hitter to winb],Toronto Sun(英語),2010/05/04閲覧</ref>、2010年からは[[カット・ファスト・ボール]]も投げるようになった<ref name="c"></ref>。しかし、あまり三振を奪えるタイプではなく、[[2010年]]の[[奪三振率]]6.10はア・リーグの規定投球回数到達者43人中31位だった。ただしマイナーでの通産奪三振率は9を超えており、元々三振がとれないタイプの投手というわけではない。
1,477

回編集