「早稲田大学野球部」の版間の差分

編集の要約なし
m (ファイル名訂正)
石井藤吉郎が監督に就任した[[1964年]]から息を吹き返し、「打棒ワセダ」と呼ばれた強力打線が復活、[[谷沢健一]]や[[荒川尭]]・[[中村勝広]]らが神宮球場にホームランを連発した。1970年代も[[松本匡史]]・[[佐藤清]]・[[山倉和博]]・[[金森栄治]]・三冠王[[岡田彰布]]らの強打者が出て、しばしば優勝はするものの連覇はなかなか果たせず([[1957年]]から[[2001年]]までの間に連覇はわずか1回)、優勝回数を重ねられずにきた。1980年代に入ると受験難に伴って有力な高校生が入部しづらくなり、戦力面で法政や明治に大きく水を空けられた。東大に史上初めて完封による2連敗で勝ち点を献上したり([[1981年]])長く占めてきた優勝回数最多の座も法政に譲り、[[1982年]]秋を最後に7年間優勝から遠ざかった上に慶應・立教にも復活を先んじられるなど、低迷を続けてきた。
 
[[1987年]]に新設された人間科学部一期生が最上級生となり、石井連藏が再生を担い監督に復帰して3年目であった[[1990年]]春、勝ち点を取った方が優勝という12年ぶりの早慶V決戦は3日間とも神宮を超満員に埋め、テレビのニュースやスポーツ紙が久しぶりにでも連日早慶戦をトップ、一面に据えた。そこでは早稲田が勝ち点を奪い優勝するなど復活の兆しを見せたが、その後の10年間で優勝2回と90年代に入っても不調が続いた。特に[[1978年]]秋(早慶戦75周年)[[1979年]]春(リーグ戦100シーズン目)[[1982年]]秋(大学創立100周年)[[1993年]]秋(早慶戦90周年)など、節目の年にしか勝てないと揶揄されたりもした。チーム最悪のシーズン8連敗([[1998年]]春)を記録するなど、かつての栄光からは程遠い苦難の時期を長く過ごした。
 
しかし、[[2007年]]の大学創立125周年に合わせてスポーツ各部の低迷を打開しようと大学が選手の積極的補強に方針転換、有望な選手が多数集まるようになった。[[1999年]]には早慶六連戦を戦った[[野村徹]]が監督に就任、選手をフルタイムで指導するようになったことからチーム力も向上し、触発されるように一般受験組の中からも好選手が出て、今世紀に入ってからは往年の活気を取り戻した。<br/>
匿名利用者