「八木早希」の版間の差分

編集の要約なし
* 6歳までは[[ロサンゼルス]]、小学4年生から6年生は[[大韓民国|韓国]]で生活し、高校2年秋から3年夏休みの約1年間はアメリカ・[[シアトル]]に[[留学]]する。[[実用英語技能検定|英検]]1級取得に加え、韓国語も堪能なトライリンガル(日本語・英語・韓国語)である。
* [[大阪府立住吉高等学校]]から[[同志社大学]]文学部英文科へ進学。学生時代には、放送職業訓練校の[[生田教室]]に通いつつ、[[朝日放送]]に[[アルバイト]]として勤めた。大学卒業後の[[2001年]]に、アナウンサーとして毎日放送へ入社した。同期入社のアナウンサーに、[[山中真]]、[[小野陶子]](2006年末に退社)、[[仙田和吉]]([[ラジオ日本]]から中途採用扱いで移籍)がいる。
* 入社後に母校の[[同志社大学]]で講演したことが縁で、大学の後輩・[[井上雅雄]]に対して、「毎日放送でスポーツアナウンサーを募集しているから、実際にスポーツしている人たちからもアナウンサー試験を受けてみたら?」とアナウンサー職への挑戦を勧めた。井上は大学を卒業した[[2003年]]に同局へ入社、スポーツアナウンサーとして活動することになる。
* [[2007年]]5月、[[やしきたかじん]]にアドバイスを仰いだ末に、大学病院勤務の整形外科医師と結婚。やしきはこの結婚に際して、仲人と結婚式のプロデュースを務めた。この結婚式の模様は、“たかじんプロデュース”の一環として、後日同番組で放送された。
 
* [[森貴洋]] - 同期の[[テレビディレクター]]
* [[井上雅雄]] - アナウンサーの[[後輩]]
* [[杉崎美香]] - [[TBS]]系列のアナウンサーの[[同期]]
 
== 脚注 ==
匿名利用者