「京都大学ギャングスターズ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==黄金期到来==
京大に2年連続甲子園ボウル出場を許した関学は、[[1984年]]に木谷監督が就任。パスを中心とした攻撃で再び優勝を奪い返した。続く[[1985年]]も春の西日本選手権では京大に完敗した関学が秋に巻き返して2年連続の全勝優勝を飾った。一方京大は、[[1984年]]は関学、近大に敗れ、[[立命館大学パンサーズ|立命館]]にも引き分けて3位、[[1985年]]も近大に敗れ2位に終わった。
 
[[1986年]]、京大はQB[[東海辰弥]]、WR福島伸一郎を中心としたオプション攻撃が復活、秋のリーグ戦を順調に勝ちあがった。全勝対決となった[[関京戦]]では35-7と関学を圧倒して3年振りのリーグ優勝を決めた。この年の甲子園ボウルでは日大に快勝、ライスボウルでもレナウンに僅差で勝利して、日本一に輝く。[[1987年]]、4回生となったQB東海を中心とした京大は再びリーグ戦を全勝優勝。甲子園ボウルでは日大に、ライスボウルではレナウンに圧勝して2年連続の日本一を達成した。2年連続のライスボウル制覇は史上初の快挙であった。
 
この頃、アメリカンフットボールへの注目は飛躍的に向上し、水野監督やQB東海はスポーツマスコミ以外にも取り上げられるようになった。この2年間は、まさにギャングスターズの黄金期であった。
 
その後も[[1990年]]代の中盤まで京大と関学は激しく優勝を争い、関京戦はリーグ戦の黄金カードに成長した。
 
== 1990年代の京大 ==
匿名利用者