「JOY (山下達郎のアルバム)」の版間の差分

m
ドメスティック
m (ドメスティック)
 
== 解説 ==
アルバムリリース当時のインタビューで[[山下達郎]]はリスナーとして、好きな洋楽のライブ・アルバムがあまりないという。にもかかわらずライブ・アルバムをリリースした経緯について「洋楽のライブ・アルバムをあんまり聴く気がしないっていうのは、ステージを実体験として見たことがないからなの。でも、ドメステクの場合には、見た人がたくさんいるし、特に僕がこの10年ライブでやってきたのはフェイドアウトの先を聴かせる作業だから、そういう意味合いからすれば、ライブ・アルバムはある程度必要なんだよ。具体的にどういうことかっていうと、どんな曲でもレコードとは違ったファクターがないとライブとして絶対に面白くないと思う。&lt;ラスト・ステップ&gt;みたいな弾き語りでも、何かやってないとイヤなの」<ref name="syukan_fm_198923">『週刊FM』1989 No.23([[音楽之友社]])8~9ページ、[[1989年]][[10月30日]]発行</ref>と答えている。
 
リリースにあたっては当初“ライブはラフなもの”というイメージがあってそういったものをレコード化することに抵抗があったとし「だから作る前は、かなり手直しする覚悟だったのね。ところが、テープを聴いてみると、自分で言うのもおかしいけど、良かったんだよ。結果的にはほとんど差し替えなしで済んだの。僕自身もね、ライブよりレコーディングのほうが格として上だっていう意識がずっとあったの。レコーディングというのは、無から有を産む非常にクリエイティブな作業だと。ライブってできたものの反復だから、そういう点では劣ると思ったんだけど、ちょっと見方が変わって、別の意味でライブは非常に重要なファクターを持ってるなと思った。レコードの場合は、クォリティを高める目的で何回もトライしてるんだけど、お客の前で一発勝負でドンと出してる音が、それを軽くゲット・オーバーするんだよね。しかもシックス・リズムでしょ。このシックス・リズムで何の遜色もなく出てくるんだよね、レコード以上のことが。これは異常にショッキングで、『[[POCKET MUSIC|ポケット・ミュージック]]』<ref>[[1986年]][[4月23日]]発売 MOON ⁄ [[MOON RECORDS|ALFA MOON]] LP:MOON-28033</ref>以来、ある意味でレコードに関していじり過ぎだな、っていう自戒が出てきた。だから、いい時期にこの音源を聴いたという感じがしてるのね」<ref name="syukan_fm_198923" />という<ref>山下は自身のラジオ番組内で、本作に収録されなかった音源は『JOY 2』として発表する予定だとコメントしている。</ref>。
2,700

回編集