「バルムンク」の版間の差分

編集の要約なし
m (カテゴリ)
'''バルムンク''' ('''Balmung''')は、[[ニーベルンゲンの歌]]に登場する[[]]
 
幅広で、黄金の柄には青い[[宝玉]]が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げた宝剣である。
 
[[北欧神話]]の[[グラム (北欧神話)|グラム]]、[[ニーベルングの指輪]]の[[ノートゥング]]に相当する。
 
本来はニーベルンゲン族の宝だったが、[[財宝]]の分配を巡って争った[[ジークフリート]]が奪い取り、ニーベルンゲン族を斬り捨てるのに使う。
 
その後、ジークフリートの愛剣として、数々の軍功を挙げた。
 
ジークフリートが[[暗殺]]された後、ハーゲンはニーベルンゲンの財宝をライン川に沈めるが、バルムンクだけはとっておき、自分の剣とした。
 
その後、ハーゲンを捕らえた[[クリームヒルト]]は、バルムンクでハーゲンの首を刎ね、夫の復讐を果たした。
 
[[Category:神話の武器|はるむんく]]
[[Category:ドイツの伝承|はるむんく]]
匿名利用者