「相当温位」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
このとき <math>\theta</math>は温位、Lは凝結により放出される潜熱の定数値(約2500000)([[ジュール|J]]/[[キログラム|kg]])、w<sub>s</sub>は空気塊が[[持ち上げ凝結高度]]に達した時の[[飽和混合比]]、T<sub>d</sub>は空気塊の[[露点温度]]([[ケルビン|K]])、そしてC<sub>p</sub>は一定圧力での[[比熱容量]](J K<sup>-1</sup> mol<sup>-1</sup>)である。
 
上記式を温位を使わずに表すと以下の通り。
 
:<math>\theta_e = T \exp \left( \frac{L w_s}{c_p T_d} \right) \left( \frac{p_0}{p} \right)^{\frac{R}{c_p}}</math>
Tは空気塊の現在の気温([[ケルビン|K]])、Rは大気の[[気体定数]](8.31447)(J K<sup>-1</sup> mol<sup>-1</sup>)、pは現在気圧(hPa)、p<sub>0</sub>は参照気圧1000(hPa)である。
 
また、[[相当温度]]T<sub>e</sub>を使って表すと以下のとおりとなる。
 
:<math>\theta_e = T_e \left( \frac{p_0}{p} \right)^\frac{R}{C_p} \approx \left( T + \frac {L}{C_{p}} w_{s} \right) \left( \frac{p_0}{p} \right)^\frac{R}{C_p} </math>
匿名利用者