「枠 (多面体)」の版間の差分

+math-stub, +cat
 
(+math-stub, +cat)
[[幾何学]]において'''枠'''とは、非凸多面体([[星型多面体]]、[[複合多面体]]など)の頂点をつないだときにできる[[図形]]である。
 
正複合多面体の枠は、[[正多面体]]に成る。[[星型正多面体]]の場合も同様である。また、星型の枠は元の立体の[[双対多面体|双対]]の関係にあるどちらかになることが多い。
*[[星型多面体]]
*[[複合多面体]]
 
{{math-stub}}
[[Category:幾何学|わく]]
14,223

回編集