「解析幾何学」の版間の差分

m
typo: 片岡善一郎→片野善一郎
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ko:해석기하학)
m (typo: 片岡善一郎→片野善一郎)
==歴史==
解析幾何学は、基礎概念である「座標」の概念の登場に始まる。座標の考え方は[[ルネ・デカルト]]の著書『方法序説』において初めて登場し、[[ゴットフリート・ライプニッツ]]以降に明確に用いられることとなる。
「解析幾何学」の語は、[[アイザック・ニュートン]]の著書『Geometria Analitica』辺りから使われ始め、18世紀末から19世紀初めに現在の形となった<ref>[[善一郎]]『数学用語と記号ものがたり』2003年、裳華房、p116。</ref>。
 
==関連用語==
3

回編集