「松村信定」の版間の差分

記事の出典を明記願います。Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方をご参照下さい。一部宣伝的な箇所を消去
(記事の出典を明記願います。Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方をご参照下さい。一部宣伝的な箇所を消去)
{{存命人物の出典明記|date=2011年4月}}
'''松村 信定'''(まつむら のぶさだ、[[1955年]][[1月10日]]- )は、[[競輪選手#日本競輪選手会|日本競輪選手会]]・[[高知県|高知]]支部に在籍する[[競輪選手]]。[[日本競輪学校]]第36期生。同期には、[[菅田順和]]らがいる。ニックネームは'''ノブさん'''。
 
 
==人物==
 
かつては「乗り換えの名人」とも言われ、勝負どころにおいて位置が不利になると見ると、他ラインに切り替えることもしばしあった。これは当時、四国地区の選手層が薄く、とりわけ先行型の選手があまりいなかったことにも起因している。
 
一方、166cmと小柄な体格ながらも、ガッツ溢れるプレーを常に見せたことから、松村のシンパは地域の枠を超えて広がり、ひいてはノブさんというニックネームがつけられるようになった。とりわけ井上茂徳がマーク型選手の転向を決意するにあたっては、松村の影響を強く受けたといわれている。自宅は海が目の前にあるマンションで、窓から釣り糸を垂らしてチヌ(黒ダイ)が釣れるという甘言(本当のことだが)に誘われた選手仲間は数多い。佐賀の井上茂徳と佐々木昭彦が釣り狂いになったのは松村のマンションの影響が大きいらしい。父親の松村憲が経営していた喫茶店を引き継いだ形で「信輪丸」という居酒屋を始めている。小粋なお店で地元産の魚だけでなく野菜、肉を使った料理が数多くある。高知市本町2丁目2-24地下1階 088-872-7166 営業時間は17:00~23:00。
 
== 関連項目 ==
2,413

回編集