「デスナ川」の版間の差分

m
修正
m (修正)
'''デスナ川'''({{lang-ru|Десна}}, {{lang-uk|Десна}} ; Desna)は、[[ロシア]]から[[ウクライナ]]へ流れる大きな河川。[[ドニエプル川]]の左支流である。川の名は、[[古東スラブ語]]で「右手」を意味する。長さは1,130km、流域面積は88,900平方km。ウクライナ北部の[[湿地帯]]・[[ポリーシャ]]を流れる主要な河川の一つである。中流域のセイム川付近はかつて[[ジヴェーリア]]と称した。
 
ウクライナ領内では川幅は60メートルから250メートルになり、深さは平均で3メートルほどになる。ドニエプル川との合流点付近での年間平均流量は360 m³/s となる。12月初頭から4月初頭にかけては凍結する。航行可能な部分は、河口から[[ノーウホロド=シーヴェルシクィイ]](ノヴゴロドセーヴェルスキ)までの535kmほど。
 
== 流路 ==
デスナ川はロシア西部・[[スモレンスク州]]にあるスモレンスク高地に発する。水源は[[スモレンスク]]市の南東方向の、ナレチ村付近にある森林地帯で、[[エリニャ]]からも遠くない。デスナ川はエリニャを通った後、沼地の多い谷間を南へと流れ[[ブリャンスク]]に至り、南西へ折れる。ブリャンスクはデスナ川右岸の丘の上に建てられた町である。
 
ロシアとウクライナの国境を超えるとほどなく[[ノーウホロド=シーヴェルシクィイ]]の町がある。[[チェルニーヒウ州]]と[[スムィ州]]の州境付近を流れた後、西へ向きを変えチェルニーヒウ州に入る。[[バトゥールィン]]の北でデスナ川最大の支流[[セイム川]]と[[合流]]して川幅は広がり、多くの[[分流]]をつくりながら[[氾濫原]]を流れる。[[チェルニーヒウ]]を通ると南西へ折れ、[[オステール]]で[[オステール川]](ロシア語 オスチョール川)と合流し、[[キエフ]]のすぐ北方でドニエプル川に合流している。
 
== 支流 ==
25,959

回編集