「八郎潟」の版間の差分

編集の要約なし
m
==名前の由来==
八郎潟の名称は、人から[[竜|龍]]へと姿を変えられた八郎という名の龍が、放浪の末に棲家として選んだという伝説に由来するとも言われる。ただし伝説においても、今や八郎はこの湖には滅多に戻らないとされている([[三湖伝説]]の項目を参照)。
 
また、戦後[[斎藤隆介]]によって、八郎潟の由来について独自の解釈にて描いた[[児童文学]]作品『[[八郎]]』を執筆し、小学校の国語科の教科書に採用されたことがある。
 
==関連項目==
匿名利用者