「光仁天皇」の版間の差分

編集の要約なし
称徳天皇崩御の際に[[左大臣]][[藤原永手]]、[[右大臣]][[吉備真備]]、[[参議]][[藤原宿奈麻呂]]、同[[藤原縄麻呂]]、同[[石上宅嗣]]、[[近衛府|近衛大将]][[藤原蔵下麻呂]]らによる協議が行われたと『[[続日本紀]]』は伝えている。「百川伝」を引用する『[[日本紀略]]』などの記述は、この協議で天武天皇系の[[長親王]]の子である[[文室浄三]]、次いでその弟[[文室大市|大市]]を推した真備と、白壁王を推す藤原永手・宿奈麻呂らで対立があり、[[藤原百川]]の暗躍によって白壁王の立太子が実現したと伝えている<ref>この「百川伝」の記述については他戸廃太子の事情が誤って伝えられたとする[[河内祥輔]]の説がある。</ref>。
 
即位後、[[井上内親王]]を皇后とし、[[他戸親王]]を皇太子とするが、宝亀3年([[772年]])3月2日、密告により皇后である[[井上内親王]]が呪詛による[[大逆]]を図ったとして罪し、皇后を廃した。5月27日、皇太子の[[他戸親王]]も廃し庶人とした。翌 宝亀4年([[773年]])[[高野新笠]]から生まれた山部親王を立てて皇太子とした。のちの[[桓武天皇]]である。この背景には、藤原百川ら[[藤原式家]]の兄弟と彼らが擁立する山部親王の陰謀があったとされる<ref>天皇は後年、「緒嗣の父(百川)微(な)かりせば、予豈(あ)に帝位を践むを得んや」との詔を発している(『[[続日本後紀]]』[[承和 (日本)|承和]]10年7月庚戌(23日)条)</ref><ref>『王朝序曲』1997年角川出版 [[永井路子]] 著</ref>。さらに、宝亀4年([[773年]])10月14日、天皇の同母姉で二品の[[難波内親王]]が薨去されたことから、10月19日井上内親王は[[難波内親王]]を呪詛し殺害した巫蠱・厭魅の罪で、[[大和国]]宇智郡の没官の宅に幽閉され、連座して王に落とされた他戸親王も ともに幽閉されてしまう。やがて、宝亀6年4月27日([[775年]][[5月30日]])、二人とも変死という運命を辿る。これによって[[天武天皇]]の皇統は完全に絶えた。ところが、[[藤原式家]]の兄弟も、かつて皇后であった[[井上内親王]]の変死後に相次いで亡くなることになる。
*[[宝亀]] 6年([[775年]])、[[藤原蔵下麻呂]](九男)、42歳で没。
*[[宝亀]] 8年([[777年]])9月18日、[[藤原良継]](次男)没。([[藤原清成]](三男)没)
匿名利用者