「坂上当宗」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''坂上 当宗'''(さかのうえ の まさむね、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族・武官。名は正宗とも。[[兵衛府|...')
 
'''坂上 当宗'''(さかのうえ    まさむね、生没年不詳)は、[[平安時代]]前期の貴族・武官。名は正宗とも。[[兵衛府|右兵衛督]]・[[坂上浄野]]の子。子に[[坂上良宗|良宗]]がいる。[[官位]]は[[従五位下]]・左兵衛権佐。
 
==略歴==
[[承和 (日本)|承和]]6年([[839年]])[[近衛府|右近衛将監]]のとき近衛と[[俘囚|夷俘]]を率い、[[伊賀国]][[名張郡]]の山中にて[[私鋳銭]]を製造していた群盗17名を捕縛し、その道具及び偽造通貨を政府に提出している。
 
承和9年([[842年]])[[正六位上]]から従五位下に昇叙。承和13年([[846年]])[[陸奥国|陸奥]][[国司|介]]となり、また[[鎮守府将軍]]を兼任する。
 
[[仁寿]]3年([[853年]])[[掃部寮|掃部頭]]。[[斉衡]]3年([[857年]])左兵衛権佐となった。
 
匿名利用者