「ウソスコア」の版間の差分

似たケースとして、自社ソフト専用の改造ツールに準ずるソフトを発売していた[[コナミ]]の一部MSXソフトにも、自社のコンテストにおいてツール使用の判別ができる仕組みの数列表示を採用していた。他に、[[チュンソフト]]の[[不思議のダンジョン]]シリーズにも早解きイベント応募用パスワードが存在した作品があるが、同様のツール判別を行っていたかは不明。
 
ごく最近{{いつ|date=2011年4月}}では[[グラディウスV]]のスコアコンテストでのツール使用者と思われるランキング入りの指摘があったが、コナミ側の「''ユーザーの判断に任せる''」旨の発言がユーザーの間で論議・問題となったことがある。こちらも上位ランキング入賞者には景品が贈呈されていた。
 
これらの問題があるためか、現在ではメーカー主催のスコアコンテストにあたるイベントは皆無に等しい。ただし、[[アーケードゲーム]]のネット通信によるスコア登録の様に不正(スコア改造)の余地が無い場合もあるが、上達者による[[替え玉]]を使っているケースもあり、その方でも問題となっている。
匿名利用者