「山吉正盛」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
主君・房定が亡くなる前年に没し、家督は嫡子・能盛に継がれた。-->[[山吉久盛]]の子。[[永正]]8年([[1511年]])、[[本成寺]]に2通の安堵状を発給している。
 
父久盛は[[守護代]][[長尾邦景]]の忠実な被官であったが、[[文安]]3年([[1444年]])以降は史料に現れず、邦景父子没落時の[[山吉氏]]の動向は不明とされている。しかし[[応永の乱 (越後国)]]で邦景父子が没落し新た新守護代家が成立するなかでも、山吉氏の[[蒲原郡]]代、[[三条城]]代としての地位はゆるぎなかったとされ、守護代[[長尾能景]]時代の[[延徳]]4年([[1492年]])に山吉四郎右兵衛尉正綱が史料上登場してくる。この正綱や正盛とほぼ同時代に登場する[[山吉能盛]]と正盛との関係は不明とされる<ref>『三条市史 上巻』137頁、「山吉能盛」『戦国人名辞典』(吉川弘文館、2006年)</ref>
 
守護代[[長尾能景]]時代の[[延徳]]4年([[1492年]])に山吉四郎右兵衛尉正綱が史料上登場してくるが、この正綱や正盛とほぼ同時代に登場する[[山吉能盛]]との関係は不明とされる<ref>『三条市史 上巻』137頁、「山吉能盛」『戦国人名辞典』(吉川弘文館、2006年)</ref>。
==脚注==
<references />
318

回編集