「上杉景勝」の版間の差分

山吉氏の系譜に関しては、異同激しく豊盛以前は信がおけないとされるめ、コメントアウトします
(山吉氏の系譜に関しては、異同激しく豊盛以前は信がおけないとされるめ、コメントアウトします)
}}
 
'''上杉 景勝'''(うえすぎ かげかつ('''長尾 顕景'''(ながお あきかげ)または'''長尾 景勝'''(ながお かげかつ))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]にかけての[[武将]]・[[大名]]。[[豊臣政権]]の[[五大老]]の一人。[[出羽国|出羽]][[米沢藩]]初代藩主。[[上杉謙信]]を家祖とする米沢上杉家2代目で、上杉宗家([[上杉重房|重房]]を初代として)17代目<!--<ref>実際には重房女系子孫(重房 - [[上杉頼重|頼重]] - [[上杉憲房 (南北朝時代)|憲房]] - [[上杉憲顕|憲顕]] - [[上杉憲将|憲将]] - [[山吉義盛]]室 - [[山吉行盛|行盛]] - [[長尾頼景]]室 - [[長尾重景|重景]] - [[長尾能景|能景]] - 為景 - 仙洞院 - 景勝)として13代目の末裔となる</ref>-->。
 
[[本姓]]は[[平氏]]後に[[藤原氏]]、[[豊臣氏]]を経て藤原氏となる。[[家系]]は[[桓武平氏]]の血をひく[[長尾氏]]の生まれで、叔父・上杉謙信の養子となり[[上杉氏]]となる<ref>後述する新発田重家との対立期の織田家の書簡には「'''長尾景勝'''」とあり、豊臣秀吉及び島津家の書簡にも「'''長尾'''」と散見される。ただし御館の乱前期に景勝が奉納した願文には「'''藤原景勝'''」と署名しており、少なくとも謙信没後には平氏長尾氏ではなく藤原上杉氏を称していたことだけは事実である。<!--因みに彼の称する姓名が「長尾顕景」「長尾景勝」であれば、願文の署名は「平顕景」「平景勝」となる。--></ref>。
318

回編集