「志自岐羽黒神社」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 歴史 ==
創建年は不詳だが当初は「志自岐羽黒権現宮」と称していた。社殿棟札や社記には『再建立年 [[貞享]]甲子([[1684年]])九月』とあり、[[五島藩]][[藩主]]の祈願所として再建されたとある。その経緯より歴代藩主の江戸参勤等の入出府には旅の安全や航海安全の祈願を行っており、その際には7番から12番の[[五島神楽|神楽]]も奉納された。また、当社には当時の藩主による祈願文も残されている。[[文久]]4年([[1864年]])の社殿改築の際は全てを公費で賄い、陣頭指揮には藩の寺社奉行、代官を出張させこれに当たらせた。[[明治]]3年(1870年)に「志自岐羽黒神社」に改称し、翌年に[[村社]]に列せられる。同43年([[1910年]])6月25日に、郷内の尾崎神社、稲荷神社、恵比須神社、立岩神社、羽黒神社を合祀する。[[大正]] 3年([[1914年]])5月5日に神饌幣帛供進神社に指定され、同11年([[1922年]])9月12日、[[郷社]]に列せられる。
なお、尾崎神社(祭神・[[櫛稲田姫]])はその後、旧来の鎮座地に複祀されている。
[[ファイル:iwaseura-ozaki.JPG|170px|thumb|尾崎神社]]
匿名利用者