「木活字版」の版間の差分

編集の要約なし
日本においては[[活版印刷]]が普及せず、寛永期以後は[[整版]]が主流となるが、以後も木活字を用いた印刷が細々と続けられた。それが大きく転換されるのは、天明・寛政以後のことである。この頃、[[清国]]より伝わった印刷技術書『[[欽定武英殿聚珍版程式]]』がもたらされ、木活字印刷の改良が進んだことが背景にあった。改良によって1枚の板を版とする整版よりも経済的なコストが減少し、簡便になったことにより、小資本・少部数の出版が可能となり、私家版や素人版などと言った現在で言う[[自費出版]]に用いられるようになった他、[[江戸幕府]]の教育機関や地方の[[藩校]]、学者の私塾などの教科書にも用いられた。
 
これに対して当時は[[著作権]]の概念がなく、整版[[版木]]の製作・所持者が権利者であると考えられてきた当時の出版慣行と適合しないことから、[[版元]]である[[三都]]の[[書林]](本屋)などを中心にこれを排斥する動きもあったが、逆に書林のように幕府や諸藩の統制を受けにくかったために政治関係の書籍や新規の学説主張などを取り込んだ書籍などが多く刊行された。現存する木活字版だけでも1000種類以上を超えている。
 
== 関連項目 ==
*[[古活字本]]
*[[木版]]
 
== 参考文献 ==
*[[長澤規矩也]]著『近世木活字印本』(『図書学参考図録』第3-5輯 (汲古書院、1977年))
*岸本眞実「木活字版」(『日本歴史大事典』3(小学館、2001年) ISBN 978-4-09-523003-0)
 
== 関連項目 ==
*[[古活字本]]
*[[木版]]
 
{{DEFAULTSORT:もつかつしはん}}
匿名利用者