「巴がゆく!」の版間の差分

 
== 登場人物 ==
; 王島
: 主人公。17歳。'''首都高速'''(シュトコー)'''の巴御前'''と呼ばれる、[[運動神経]]の優れた女子高生。かつて[[スケバン]]として幅をきかせていたが、首都高を走っている最中に友人(明美)を自動車事故で亡くす。それ以降、走ることはやめてぼんやりと暮らしていたところを、[[スタントマン]]養成所'''緑の船'''(グリーン・シップ)の教官・上総にスカウトされる。3ヶ月ほどはそこで生活していたが、とある事件が起きて、再び巴御前に戻る。[[ロストバージン|初めて]]の相手は上総(?)。伊織とは恋仲。上総に対しては呼び捨てで、伊織には「さま」付けで呼んでいる。
; 東条 伊織
: 19歳。父親は巨大[[コンツェルン]]'''東条グループ'''の総帥で、母親は当時の[[メイド]](三島香織)。陽光寺に預けられて育った庶子。薄幸だった母を見て育ってきた為、表面上は温和な表情を装う、意志の強い策士。[[弓道]]ができる。威勢のいい巴に惹かれ結ばれる。美男子で、飼い犬の名は風丸(かぜまる)。
; 氷室 上総
: 巴の走りに惹かれて彼女をスカウトし、入所以降も大事にしていたスタントマン養成所の教官。緑の船の'''本来の目的'''が暴かれてからは、巴と敵対する。[[マールボロ (タバコ)|マルボロ]]を愛飲する。左利き。残虐な性格。巴を殺せなかったのは、彼女を愛していたからの様子。12歳の頃、自分の目の前で母親を殺した父親を殺害した。巴と会う前、東条グループの隠し子と自称する女性と[[同棲]]していた。AB型。緑が好き。オッサン呼ばわりされる程の年齢らしい。九朗曰くかなりのロマンティスト。<!--巴の純潔を攫った人?-->
; 王島
: 巴より9歳(?)上の姉。現在[[キャビンアテンダント|CA]]。武道は合わせて15段取得。父親が[[暴力団]]組長を引退していなければ、自分が襲名していたらしい。付き合っている彼氏がいても、海を唯一無二の存在と思っている。口調は荒いが、家族思いの優しい性格。名前の由来は[[静御前]]。
; 海
: 静に付き添っている男性。身体がでかく寡黙なケーキシェフ。静をお嬢と呼び大事に思っている。[[花言葉]]にも詳しい。静よりは年上の様子。
; 麻鳥 九郎
: 元[[暴走族]]のチンピラ青年。巴とは緑の船で出会った。緑の船にスカウトされ行方不明になったリーダーの消息を追う為、潜り込んだ(?)様子。人望が厚く、根はいい人。
; 青柳
: 東条グループの秘書。男に見える長身な女性。上総に好意を寄せ、巴に嫉妬している。東条夫人にはどこまでも忠実。上総を殺すことはできず、逆に伊織を庇う形で上総に撃たれる。
; 京極 月子
: 第2部より登場。京都出身の美人なお嬢様。17歳。一見たおやかな日本人形を思わせる風貌な反面、実はとんでもない野心家。巴に対して激しい敵意を抱いている。シドニーを弟として可愛がっている様子。伊織との政略結婚に失敗した後、シドニーと共に[[ニューヨーク|NY]]へ向かった様子。OVAには登場しない。
; シドニー
匿名利用者