「真正担子菌綱」の版間の差分

編集の要約なし
m (改名に伴う修正)
}}
 
'''真正担子菌綱'''(しんせいたんしきんこう)は[[担子菌門]]、[[菌蕈亜門]]の菌類。'''ハラタケ綱'''とも。きのこが多いが、そうでないものもある。真正担子菌綱は16,000の種が知られ、これは知られている担子菌類のうち53%にあたる。この種はヒベットとトルン<ref>{{cite book | author = Hibbett, D.S. & R.G. Thorn | editor = McLaughlin, D.J. ''et al.'' (eds) | title = The Mycota, Vol. VII. Part B., Systematics and Evolution | pages = 121–168 | location = Berlin | publisher = Springer-Verlag}}</ref>) に真性担子菌類として大まかに分類され、[[キクラゲ目]]と[[ロウタケ目]]を含んでいた。[[ハラタケ亜綱]]という亜綱を持っており、また黒穂病や[[サビキン目]]を含んでいる。<ref>{{cite journal | author=Hibbett, D.S., ''et al.'' | month=March | year=2007 | title=A higher level phylogenetic classification of the Fungi| journal=Mycol. Res. | volume=111 | issue=5 | pages=509–547 | doi=10.1016/j.mycres.2007.03.004}}</ref> 同担子菌綱は分類学の推進によってゼラチン質のきのこを多く含む[[シロキクラゲ菌綱]]、[[アカキクラゲ菌綱]]がはずされた。しかしながら、ゼラチン質のきのこのうち[[キクラゲ目]]は真正担子菌綱とされていた。(現在、キクラゲ目は[[異型担子菌綱]]に分けられることもある。)
 
 
とは言え過去には、子実体やキノコの形態学は、早期の真正担子菌綱分類に基づいており、腹菌類と真正担子菌綱を別々のものとみていた。<ref>Fries EM. (1874). ''Hymenomycetes Europaei''. Upsaliae.
匿名利用者