「中書省」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
官庁名としての起源は、[[三国]]時代の[[魏 (三国)|魏]]朝にまで遡る。但し、「'''中書'''」の官名は、さらに、[[前漢]]の[[武帝 (漢)|武帝]]の時代の「'''中書謁者'''」にまで遡る。この場合の中書謁者は、[[宦官]]に[[尚書]]が管掌する事をつかさどらせたものである。それが、[[後漢]]になって、宦官ではなく一般の士人を任用するようになり、魏の[[曹丕|文帝]]の代になり、'''中書省'''を新設し、詔命の起草を管掌させ、また、政治の枢要にも参画させることとした。これより以降、尚書は[[行政]]上の事務を施行する官庁に事実上の格下げがなされた。一方、中書の方は、尚書に代わって権力を掌中に入れ、'''相職'''つまり[[宰相]]の職と呼ばれるようになった。
 
その後、[[門下省]]が新設されると、今度は、中書の地位が後退した。[[唐]]代では、中書は、門下や尚書と共に'''[[三省六部|三省]]'''を形成する。中書の職掌は詔勅の起草であり、また、臣下からの上奏に対する答の草案作成も行なった。また、中書省内には、'''中書令'''、'''中書侍郎'''以下の官が設置された。しかし、唐も後半になると、宰相の権限は、'''同中書門下平章事'''(同平章事と略す)へと移行した。
 
[[北宋]]代になると、中書省の長官は、門下省や尚書省と同様に、実官ではなくなり、名誉職、つまり功臣に対する没後の贈官へと形骸化した。
340

回編集