「荘園 (日本)」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 免田寄人型荘園 ===
荘園領主の中には、中央政府と関係を築き、田租の免除(不輸)を認めさせる者も現れた。田租に係る権限を有する[[太政官]]と[[民部省]]が発する'''[[]]'''により不輸が承認された荘園を'''[[官省符荘]]'''という。
 
[[10世紀]]に入ると[[古代の戸籍制度|戸籍]]・[[班田収授法|班田収授]]による租税制度がほぼ崩壊し、[[国司]]へ租税納入を請け負わせる'''国司請負'''へと移行し始めた。これにより地方行政における国司の役割が強くなり、国司が不輸権を認める荘園も現れた。これを'''[[国免荘]]'''という。国免荘は、それを承認した国司の在任中のみ有効とされた。
匿名利用者