「王陵」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: zh:王陵 (西汉右丞相))
沛県の豪族で飾り気がなく直言を好む人物であった。漢の高祖[[劉邦]]も大成前は王陵を兄として仕えていたことがあった。
 
高祖劉邦が挙兵し[[咸陽]]を落としたころ、王陵は数千の兵を集めて南陽に割拠し、高祖劉邦に従おうとはしなかった。高祖劉邦が[[項籍|項羽]]と戦うようになると、王陵は漢に属するようになった。項羽は王陵の母を人質にして王陵を従わせようとしたが、王陵の使者が項羽の元を訪れた際、王陵の母は「漢王(高祖劉邦)に従うように。私のために二心を持ってはいけません」と使者に伝えさせると、自分は剣に伏して自殺した。項羽は怒ってこの母を煮た。王陵は高祖劉邦に従属し続けた。しかし、王陵は従属が遅く、また劉邦の宿敵[[雍歯]]と仲が良かったことから、列侯に封じられるのが遅かった。高祖6年([[紀元前201年]])8月に安国侯(5000戸)に封じられる
 
王陵は従属が遅く、また高祖の宿敵[[雍歯]]と仲が良かったことから、列侯に封じられるのが遅かった。高祖6年([[紀元前201年]])8月に安国侯(5000戸)に封じられる。
 
[[恵帝 (漢)|恵帝]]6年、[[相国]][[曹参]]の死を受けて王陵が右[[丞相]]、[[陳平]]が左丞相となった。
 
恵帝の死後、[[呂后]]は自分の一族呂氏を王にしようとした。王陵にそのことを尋ねたところ、「高祖は劉氏以外で王になるものがいたら天下皆でこの者を討てと白馬を生贄にして盟を行いました。呂氏を王とするのはこの盟に背くものです」と答えたため、呂后は喜ばなかった。同じことを陳平、[[周勃]]らに尋ねたところ、「高祖(劉邦)は天下を統一すると自分の子弟を王としました。今は皇太后(呂后)が天下を治めているのですから、呂氏の子弟を王として問題はありません」と答え、呂后を喜ばせた。王陵は後で陳平らを「君たちは高祖との盟の時にその場にいなかったのか?何の面目があって死後の世界で高祖に会えるというのだ」と責めたが、陳平は「朝廷で主と面と向かって争う点では私は貴方にかないませんが、社稷を全うし、劉氏の後継者を定めるという点では貴方は私に及びません」と答え、王陵は言い返せなかった。
 
呂后は王陵を疎んじ、呂后元年([[紀元前187年]])に王陵を[[太傅]]に祭り上げて宰相の実権を奪った。王陵は怒り、病気を理由に辞職して屋敷の門を閉じ、朝廷にでることもなくなった。