「投機」の版間の差分

編集の要約なし
(「これはレンタル権を対象とした先物取引(デリバティブ)の最古の例のひとつとされる。」を削除。ターレスの例は現物取引であり先物とは異なる。)
 
== その他 ==
*古代ギリシアの[[タレース]]は、天文学の知識からオリーブの豊作を予測し圧搾機械を借り占め、収獲時期に貸し出すことで巨利を得た。これはレンタル権を対象とした[[デリバティブ]](リアル・オプション)の最古の例のひとつとされる<ref>「リアル・オプション・アプローチと鉄道分野への適用可能性」手塚広一郎(国土交通政策研究第15号2002.12)[http://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/pdf/kkk15.pdf]pdf-P.19</ref>
*投機は現物の商品・サービスの売買を対象におこなわれるが、将来の売買予約権([[先物]])を派生商品として取り扱う事も多く、先物取引は現物より「より投機的」であるとされる。また他人から現金や商品・株券などを借り受けて売買する([[信用取引]])手法などがある。
*一般の認識とは異なり、本来投機は[[リスク]]をより少なくする目的でおこなうものであり、価格が暴落しているときにあえて買い向かう、高騰しているときに売り向かう行動は、中長期での平均リターンを確保するためのリスクヘッジ(危機回避)である場合が多い([[先物取引]]の項参照)。一方で短期的収益のみを視野において、目先の価格変動に運をまかせる側面もあり、とりわけポジション(投資額・価格帯)の取り方によっては[[ギャンブル]]的で[[リスク]]を多くするだけであり、この場合ギャンブルと投機の境界は曖昧である。
*[[金融商品取引法]]の定めに沿った適法なデリバティブ取引に[[賭博罪]]が適用されることはない。([[刑法 (日本)|刑法]]第35条「[[正当行為]]」)
==脚注==
 
<references />
== 関連項目 ==
*[[投資家]]
16,657

回編集