「98ローカルバス」の版間の差分

編集の要約なし
'''98ローカルバス''' は、[[1993年]]に発売された、[[日本電気]] (NEC) の[[PC-9821シリーズ|PC-9821A-Mate]]シリーズに搭載された32ビット高速バスである。<!--ML(Mate [[Micro Channel Architecture|MCA]]同様Local)バスとも呼ばれ非常にクローズドな規格で、 -->このバスに対応した製品を発売したのはNEC自身と、[[カノープス (企業)|カノープス]]、メルコ(現[[バッファロー (パソコン周辺機器)|バッファロー]])、[[住友金属工業]]、サピエンスの4社だけである。
 
[[VESA ローカルバス|VLバス]]を移植したものという誤解があるが、こちらは電気的特性の点で有利な[[New Extend Standard Architecture|NESA]]用Eバスコネクタを使用し、[[クロック|クロック周波数]]にかかわらず2本までに制限されている関係から、電源や信号特性はVLバスと比較にならないほど良好である。
|PowerWindow928IILB||[[S3 Graphics|S3]] 86C928搭載。ビデオメモリー2MB。
|-
|PowerWindow964LB||[[S3 Graphics|S3]] Vision964搭載。ビデオメモリー2MB搭載で専用の2MB増設モジュールを追加搭載することで最大4MBにビデオメモリを増やすことができた。LB本バス対応グラフィックボードとしては最速クラスの1枚。高解像度多色表示対応・高速描画・高画質と性能・機能のバランスが非常に良く絶大なる人気を誇り、しばらくはオークションでも高値で取引されていた。
|-
|ULTRA AUDIO||[[ソニー]]製[[ATRAC]]音声圧縮伸張チップを搭載する業務用サウンドボード。16bit 44.1KHz ステレオPCM音声を約1/5にリアルタイム圧縮・伸張する機能を搭載する。
14,398

回編集